« インフルエンザにかかってみた | メイン | 【マイアヒー】エイベックスが頑張っている【飲ま飲まイェイ】 »

なぜドラクエ8「錬金釜システム」がしっくり楽しめないか

ドラクエ8のこれまでのドラクエシリーズにはない特長のひとつに「錬金釜」システムというのがあるわけだが、これがなぜかどうも「楽しくない」。

アイデアそのものは、一見、悪くない。これまでだと「やくそう」「毒消し草」などは呪文を覚えてしまえば不要になるばかりだったが、錬金釜があればそれら雑魚アイテムを再利用して、「より強力な薬草」を作れる。これはホイミを覚えた後でもしばらくは普通に道具として役立つし、金に困れば売り飛ばして利益を得ることもできる。

その他、思わぬアイテムから店で売っていないような強力な武器が作れたり、かなり高価な鎧が安価で作れたり。途中で錬金釜が拡張されるなど、ゲームのストーリーとのバランスも考えられている。

が、どうもそれが「楽しくない」。普通に敵を倒したり、ダンジョンやフィールドで宝箱を探したり、イベントこなしてストーリーを進めていくのに比べて、あるいは普通にお金を貯めて武器を買うのに比べて、なぜか「義務」みたいで面倒くさくてしょうがない。それに錬金釜で強力な武器を作ったところで、なぜかあまり親近感がわかないっていうか、「違和感」があるのだ。

「そんなのお前だけだよ、俺は錬金釜を楽しんでるってよ」っていわれればそれまでの話で、ドラクエの遊び方なんて人それぞれなのでそれは否定しないわけだが、私なりに「私はなぜ錬金釜が楽しくないのか」を考察してみた。

錬金釜っていうのは、とどのつまりは「工場」で、材料をかけあわせて新たなものを作るってのはつまり「製造業」だ。馬車の中は「擬似日本国」といってもいいかもしれない。

で、従来のドラクエっていうかRPGっていのは、とどのつまりは「サービス業」だ。モンスターと戦い、勝てばそのサービスの対価としてお金や「経験値」がもらえる。あるいは、ある街に困っている人がいて、その人を助けてあげるとお礼にお金で買えない価値があるもの(時にそれはモノではなく「情報」だったりする)を手に入れることができる。

ドラクエっていうのは、単純化すれば「壮大なおつかい」=サービス業で、それを楽しむゲームだ。そこに「製造業」っていう、サービス業とは異質のものが急に入り込んできたわけで、だから私はかなり違和感を感じるのだと思う。

製造業ってのは、サービス業とまったく異なる才能がいるわけで、たとえば錬金釜をフルに使いこなそうとすれば、どれとどれをかけあわせれば何ができそうっていう「創造力」とか、かけあわせるアイテムの原価とできたアイテムとの価値比較、つまり「コスト意識」とか、錬金釜=工場を遊ばせないよう、次に何をつくるかなどをあらかじめ準備しておく「計画性」とか求められるわけだ。うーん、単に慣れてないっていうのもあるかもしれんが、ゲームでそんなことまで考えるのは、正直しんどい、仕事だけで十分だ(w

さらに、どうも違和感あるっていうのは、最終的に「製造業」でしか最強の武器やアイテムが作れないってことだ。この辺が、なんか現実とギャップがあるような気がする。

本当に大切なものは、お金では買えないし、まして自分で作れない、何らかのサービス(それも一般の街の人々ではできない、選ばれた「勇者」だけができうる特別なサービス)の対価として得る、それがドラクエの楽しみだったはずだし、また現実世界でもそうであるはずではなかったのか。

お金で買えない価値がある、買えるものは(ry。
日本の製造業代表であるトヨタだって、車=モノの宣伝だけでなく、サービス=「トヨタの車じゃなくてもいいんだ」って力を込めて宣伝してるわけで。それに比べてドラクエ8の世界は、錬金釜システムを重視するあまり、「サービス」に対する軽視が見え隠れしてしまってるんじゃないか、そこに現実との違和感を感じちゃうんじゃないかと思う次第って、ホントにこんなまとめでいいのだろうか。



トラックバック

この一覧は、次のエントリーを参照しています: なぜドラクエ8「錬金釜システム」がしっくり楽しめないか:

» 携帯ゲーム from しがないゲーム屋店員の駄ブログ
どうもです。あすかです。 いきなりですが、あすかはドラクエ1~4をやったことがあ [詳しくはこちら]

コメント

初めまして。ドラゴンウエスト8攻略簿管理人です。DQ8攻略サイトの管理人をしています。
宣伝では無いのですが、私も錬金釜には思うところがあり、コメント&ちょっと宣伝させて頂きます。


ドラゴンクエスト8の「錬金釜」が楽しめない!というテーマ、非常に興味深く拝見させて頂きました。私も、錬金釜は使いづらい!という直感的な印象を持っております。(今は少々違いますが。。。理由は後ほど)

この記事のように深く考察はしておりませんでしたが、おそらくDQ8をプレイしている人達も同様だと思われます。なぜなら、私は攻略サイトを運営しているという立場上、どのコンテンツにどの程度アクセスがあるかログ解析できる環境にあります。
そこで、錬金釜コンテンツへのアクセスを見ると少ないのです!錬金釜は自分だけでは到底使いこなすことなどできないはずなのに、「アクセスが少ない」のです。おそらくこれは「使っていない」と考えていいと思います。実際のところはじめのうちは、私自身使っておりませんでした。

で、なぜ使わなかったのか?なぜ、使いたいと思わなかったのか?私なりに考えた結果、
「何ができるかわからない」
「費用対効果がわからない」
「錬金の計画を立てられない」
「(計画にかかりますが)錬金したアイテムで何を錬金できるかわからない」
「錬金アイテムの入手方法が不明」
などが考えられました。おそらくこれらが解決されれば、錬金釜は非常に使い易く、また、楽しめるのに、、、DQ8ファンとしてはたまらなく残念でした。

(ここから私のサイトのコンテンツの話)
そこで、私は上の問題を解決する錬金連鎖図というツリー図を作りました。理解していただくにはサイトを見ていただくのがいいのですが、簡単に説明しますと、錬金レシピをツリー構造のように記述し、さらに錬金されたアイテムも錬金ツリーの一部となるように階層構造として記述した図です。それぞれのアイテムは入手方法や効果、購入金額、売却金額、装備者、ステータスなどの情報を一緒に書いておりますので、得な錬金なのか?錬金したアイテムは次にどのアイテムと錬金できるのか、誰が装備できるのかが、直感的にわかります!

(ここまでがサイトのコンテンツ紹介となってしまいました。すみません)

おそらくこのような錬金連鎖図がDQ8内にあれば、もっと錬金釜も利用されたのかなと、手前味噌ながら勝手におもっております。また、錬金レシピコンプリート要素やそれに対するコメントなどあればなおよかったように思います。

ここの管理者様の書かれていたように、DQ8の制作者は、錬金釜というモノをつくり満足してしまい、サービス(この場合見せ方だと思っております)に対し、軽視していたと思われても仕方ありませんよね。私も同感です。ただ、少しでもDQ8の楽しみ方を広げていただければと思い、私の錬金連鎖図を紹介しました。宣伝のようで申し訳ないのですが、1ドラクエファンとして同じゲームをプレイされた方に、ぜひお知らせしたく。。。

押し付けがましく、また長々と乱雑な文章、すみませんでした。