« SONY社長が強そうな人に交代 | メイン | このブログはじまって以来のまったく無意味なエントリー »

結局、議論がかみあわない「ネット右翼論」

なんか根本を間違えてなくね?

別に左サイドバックがいらねぇとは思ってないわけですよ。いや「右翼」「ネットもやってる右翼」は、左サイドバックなんていらん、全員FWになってパワープレイだ、とかいっちゃうかも知れんが、少なくとも私は、別に左サイドバックとか、3-5-2の左MFか、ともかく左を攻め守るポジションに誰かいてもいいわけですよ。

確かに日本は「なんとか万歳」って勝ち目のない戦に玉砕しがちな民族なんで、その反動として左サイドにポジションを取るマスコミがいてしかるべきだとも思うわけですよ。問題はそのポジションではなく、プレー内容そのものなんですよ。

日本を代表するプレイヤーを自負するなら、1試合に数回でいいから、技術で相手を抜いてセンタリングとかしてみろよってことですよ。もうちょっと頑張れよ三都主。

それができないなら、せめて無駄な動きはしないで、淡々とアーリークロスあげてろって話ですよ。それを無駄な攻め上がりをしたあげく、まったく無駄な位置で明らかに誰にでもシミュレーションとわかるような倒れ方をしておいて、イエローカードくらってサポーターにまでぶーぶーいわれたからって「おまえら日本人だろ、三都主さまを応援しろ」「シミュレーションなんてしてません」ってそりゃないだろって話ですよ。

バレバレなんですよ、そのシミュレーション、相手チームにも審判にも、そして双方のサポーターにも。それに対してブーイングしたら、そのサポーターは「ネット右翼」ですか?

こんな時代だからこそネット上に公論の場を造りだす意味が大きいと考えているが、ネット右翼では「右」を代表することは出来ないと早く気付くべきだ。惰性に任せては先行きが見えない社会を変えるために、大手術が必要と右の立場で考えたら、相当に骨太の枠組みを考え出さねばならない。

いやね、実は相手チームの右サイドバックもあんまりうまくないわけですよ。なんせ加地だから。確かにそれは三都主さまのいう通りですよ。だけどさあ、仮にもプロなんだからさ、まずは三都主がちゃんと技術で相手を抜いて、正確なクロスあげてみせろって話ですよ。もともとはそんだけの話だったのに、話が広がりすぎちゃって、野次馬や部外者が増えすぎちゃって弁護士まで出てきちゃっただけなんですよ。だから早い話、三都主が「シミュレーション」してしまいました、すんませんでしたっていえば、それだけであっという間に鎮火する話ですよ。中国がどうとかは、2の次ですよ。

あと、ユニホームの下に何か隠し持ったりしたらいけないわけですよ。ICレコーダとか。え、隠してない?ああ、それならいいんですが。それでは私はこの辺で。

※文中の人物名は実在の人物と一切関係ありません。



トラックバック

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 結局、議論がかみあわない「ネット右翼論」:

» 雑誌『世界』で団藤保晴氏連載開始。 from 愛と妄想の日々。
岩波書店の雑誌「世界」で団藤保晴氏(新聞記者/ネット・ジャーナリスト)が新連載を始める模様。 連載タイトルは「ネット言論はいま――ブログ時評on SEKAI」だそうで。 第1回は「ライブドアPJに忠告し忘れた欠陥」とのこと。 このエントリーですね。 「ネット言論 [詳しくはこちら]

» 団藤保晴記者「ブログ時評」がコメント削除開始 from 週刊オブイェクト
むなぐるま氏が"7743"のコメントを転載されているのにヒントを得て、ブログ時評で試して見たら・・・ある程度は覚悟していましたが、これは最もよくない対応ですよ、団藤記者。■コメント欄より [むなぐるま](むなぐるまブログの時刻表示はアメリカ東海岸標準時)そう... [詳しくはこちら]

» ここが変だよブログ時評(2) from 幻影随想
前回のエントリの続き。 今回触れる部分はこちら。 ・ネット右翼的な思考回路は限界~若隠居さんへのお答え 若隠居氏によるブログ時評のネット右翼論への疑問に対する返答となっているが、 中身はなぜか途中でネット上の情報のアクセシビリティ(到達容易度)の話にすり... [詳しくはこちら]

コメント

いや、もう大爆笑。キーボードがコーヒーまみれですがな(嘘

>いや、もう大爆笑。キーボードがコーヒーまみれですがな(嘘

ウソかい!
と、たまには正当なつっこみもしてみる

 朝日新聞記者、 団藤保晴氏への「ネット右翼および朝日新聞の体質に関する意見と、公開質問状
魁!清谷防衛経済研究所 ブログ分室 http://kiyotani.at.webry.info/