« このブログはじまって以来のまったく無意味なエントリー | メイン | ウィルコム、ついに通話定額制2900円 »

ブログと情報強度(その2)

って、俺が書くのかよ(w 脊髄反射で書いちゃうぞ(w

ブログと情報強度(その1)

見てもらえば分かる通り、アップしたエントリは8本、そのうちニュースに脊髄反射して書いた(笑)飛ばしネタが5本、他人のブログの冷やかしが2本、生活雑記が1本。昨年12月頃のこのサイトを知っている人なら、どう見ても「薄まった」と言わざるを得ない内容だ(自分で言うし)。なのに、PVはこれまでの熟考を重ねたエントリより多い。

脊髄反射でもソースをリンクしてエキサイトニュースのどこよりも早くヘッドラインが流せればそれはそれでいろんな人が反応してくれるし、僕が書き損ねた情報の断片を他の読者が持ち寄ってコメントやトラックバックしてくれればニュースの全体像も見えるし、いいかなと思ってやってきた

なるほど、確かに私も、R30氏には程遠いアクセス数(全体で1日約200~300PV)ではあるが、ヒマをみてどんな記事に人気があるかアクセスログを確認しているところによると、熟考したエントリーも脊髄反射したエントリーも大差はなく、むしろ世間で話題になっているトピックなら脊髄反射でテキトーに書いた方が、初期動員は多かったりするのを確認している。

ただし、熟考したエントリーは後になってグーグルで拾われてからが強くなることも確認している。

R30氏のサイトの場合は、自身の言葉が足らずとも、後からコメントやトラックバックで埋めてくれるのでいいのかもしれんが、私のような弱小サイトだと、すばやい反応のエントリーを書きつつ、週に一度くらいは「満を持した」エントリーを書かないとグーグルで拾ってすらくれなくなる。悩ましいところだ。

まあ、ビジネスでこのブログをやってるわけではないので、誰も見てくれてなくても別にいいわけだが。

しかも僕は、絶対にGoogle AdsenseもAmazonアフィリエイトも貼らないと決意してる。僕の半分以下のPVで毎月2万円以上の小遣いをアフィリエイトで得ている人も知ってるけど、やらない。広告を意識して、自分の心に素直に書きたいことが書けなくなるなんて、嫌だからだ

ここらへんは、ちょっと私のブログ感と違うとこだな。

たとえばipod miniの雑感記事を書こうと思ったとき、できればipod miniの写真を載せた方が閲覧者に親切かな、と思うわけだが、勝手にAppleのサイトから写真をぱくってきて掲載するのは「違法」になっちゃうわけだ。

まあ軽い信号無視みたいなもんで、いちいち誰も注意はしないだろううけど。

どうせなら、アフィリエイト契約し、ちゃんと許可された画像でリンクを貼って、雑感を述べるのが正しい筋道だと思うわけで。アフィリエイトリンク貼ってるからって、思っても無いヨイショ記事なんて書かないし、第一そんなのことしたって閲覧者にバレバレなんですよ、ちゃんとホンネ書かないと。



トラックバック

この一覧は、次のエントリーを参照しています: ブログと情報強度(その2):

» ブログと情報強度(その1) from R30::マーケティング社会時評
 コメントやトラックバックは基本的に「レスしたいものだけレスする、荒らしはスルー・放置」を原則としてるのだが、最近ちょっと看過できないコメントがいくつかあったの [詳しくはこちら]