« 今の私、そして今の会社について | メイン | たこ焼きソーダにびっくり »

新聞の現状はそれほど素晴らしいか

 新聞の世界で「アクティブ」と目されている方たちから不満の狼煙が上がっているようだ。「古くからある新聞の世界は素晴らしい」と新参者が賛美しないのが、お気に召さないと見える。新聞は現状でマスメディアのレベルを凌駕しているという幻想に酔いしれている方たちは、素直に見直して欲しい。今年にはいってからだけで結構だから、新聞の記事を読まれると、新聞の知のレベルが自ずと見えるはずだ。意図的に選んだテーマではなく、どんどん起きる時事問題から自然な成り行きで毎回、多数の事件を収集しているふりをして、実は事実をもともとある主義主張に無理やりあうように編集して書いたものだ。私はこのレベルで満足してもらっても別に新聞を買わないだけで困らないから、このブログでも指摘しない。

<指摘しないので中略>

 新聞の情報のほとんどが、ろくに取材もしてないゴミ記事であるというのは、生まれた当初から言われていることだ。もちろん、情報のやり取りをしている当事者にとっては、世間話であっても意味がある会話であり、ゴミかどうかは情報を探している人の立場による。新聞が書き出している1面の見出しは、その市民社会の知のレベルが現れているとも言える。はっきり言って朝日新聞の4コママンガの質は、落ちている。言論は自由。だからこそ、新聞の書き手は考えねばならない。プロだと言っている人なら、もっと考えねばなるまい。

参考文献:ブログの現状はそれほど素晴らしいか



トラックバック

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 新聞の現状はそれほど素晴らしいか:

» The Japan Times:無料新聞記事データベース from 無料インターネットサービス日記
新聞記事データベースが無料です。 1999年以降の全文記事が見られます。 検索機能があってとっても便利です。 The Japan Times:無料新聞記事デー... [詳しくはこちら]

コメント

(゚∀゚)アヒャヒャヒャヒャ

拍手

ぐっじょぶ!(finalvent氏風)

マンセー☆

名古屋にいるマイ兄に言ってやってほしいざんす。

>はっきり言って朝日新聞の4コママンガの質は、落ちている

ここがポイントだな。

皆様、暖かいご声援ありがとうございます。
そういえばR30様は、以前のダンドーネタ記事にもコメントくださっていたような。常にウォッチされているのですか、そうですか。

今後とも、よろしくお願いいたします。

はじめまして。某所のTBから飛んできました。
対比させて読ませてもらいましたが、おもしろいです(笑)