« まだ使ったことのないセリフを練習するエントリー | メイン | 楽天0-26ロッテ さて何のスポーツ? »

ライブドア・PJ VS ブログ時評 戦争勃発

「香ばしくなってまいりました」っていうセリフは、こういうときに使うんでしょうか。

『言論江湖』「ブログ時評」という論理破たん(上)

ブログ時評の「ライブドアPJに忠告し忘れた欠陥」に対して、ライブドア側がなんか名誉毀損までちらつかせて、激しく反論してます。

しかし、ライブドアの「パブリック・ジャーナリスト 小田 光康」さん、いや実にすばらしい記事ですね。まずいきなり、事実の推移を説明するより先に「名誉毀損」をちらつかせる。これ、ジャーナリストの鑑です。いや、こんなことされたら、ライブドアPJの記事に対して文句が書きにくくなるのは必定。すばらしい方法を考えたものです。

表現の自由は確かに人権侵害(名誉毀損)と表裏一体ですし、行き過ぎた表現の自由を主張するのはどうかと思いますが、いきなり「それは名誉毀損だ!」って、いや倒置法ですね、すばらしい文章技術です。私が小田さんにいいたいことは、何もありません。何もありません、ホントに何もありません。

で、さらにその名誉毀損の対象としてあげている言葉を、以下引用。

団藤氏の記事の中で、「ニッポン放送株を電撃取得し、フジテレビ系列メディアの支配でも目論むのかと世情お騒がせなライブドア」、「マネーゲームの野望、その一翼を担うニュース部門」、「ライブドアという出自自体が・・・欠陥」というくだりがある。この記事全体からは、ニッポン放送株取得は、ライブドアという欠陥企業が行ったマネーゲームの野望の表れであり、ニュース部門はそのマネーゲームを正当化する宣伝機関であるというニュアンスが、筆者には伝わってくる。

実に明快です。その程度の言葉で名誉毀損をちらつかせる、しかも「いちブログ」に。ライブドアPJって、それほどまでに自分に自信がないんでしょうか。いや、その臆病な姿勢がすばらしい。ホントにすばらしい。実にすばらしい。

で、もっと傑作なのがこれです。

団藤氏の記事を一般読者が普通に読んで、ライブドアPJニュースへの不信感や嫌悪感が生まれ、社会的評価が低下したとするなら、それは名誉毀損に該当することになる。

拍手。団藤氏の記事を一般読者が普通に読むと、ライブドアPJニュースに嫌悪感が生まれるのですね。いやー勉強不足でした。そんなこと、私は考えたこともありませんでした。自分の学のなさに反省。まさに目から鱗です。

団藤氏はどんな反省文を書くんでしょうか、それとも華麗にスルーするんでしょうか。今後の対応に注目です。



コメント

ま、華麗にスルーの方向だろうね。
小田君の反論、めちゃくちゃだよ。PJの当初から「この人えらく香ばしいなあ」と思ってたけど、早速馬脚か。おまいら早すぎ(笑)
ていうかネット上のソース漁って堀江本人が堂々としゃべってる話を元に書いてるだけの記事に「名誉毀損」とかいちゃもんつけてどうするよ。
対マスコミ訴訟のイロハさえ分かってない人なんだなと思った。アレに比べればまだICBM先生の方が100倍まし。全然好きくないけど(笑)

やっぱりR30氏はダンドーミサイルが気になるんですね。
全然好きくないんじゃなくて、多分、好きなんでしょう(w 私も大好きです。
小田さんとその記事に対しては、これ以上コメントすると名誉毀損で訴えられそうなので、控えさせていただきます。その価値もないだろうし。

訴訟沙汰になったら、どちらの陣営でもいいですから小倉弁護士を投入していただきたいものです。

>玄倉川様
小倉弁護士も名誉毀損が好きだし、「IT法」が専門家だから(?)どちらについても適任ですね、確かに。