« 楽天0-26ロッテ さて何のスポーツ? | メイン | ブログの情報組織化は検索エンジンに期待に一票 »

人のブログの論理破たん指摘する前に、自滅してますよ

前回、「ライブドア・PJ VS ブログ時評 戦争勃発」で、なんかライブドアPJのひとりがブログ時評に対して名誉毀損までちらつかせて反論してたと伝えたが、その続報。

まずブログ時評では「ライブドアPJへ:自ら出発点の欠陥を正すのが先だ」とエントリー。一応、記事を書いてはいるが、まあほとんど「華麗にスルー」、相手にしてないって感じ。あのライブドアPJの文章じゃ当然だけどね。それ以外、まともに反論しようもないだろうし。

それより時系列的には先に、「『言論江湖』「ブログ時評」という論理破たん(下)」をライブドアPJがアップしていた。

で、やっと名誉毀損うんぬんの前置きが終わって本題に入るわけだが、。。。なんだこれ。何をそんな小さなことでムキになってるのかよくわからん。

せっかくウォッチしていたから、気が進まないが解説しておくと。

ネット上で団藤氏は「全国紙の記者」と称しているが、この全国紙とは朝日新聞を指す。そもそも、団藤氏がネット・ジャーナリストを自称するならば、「全国紙の記者」といった肩書きを公表する必要はない。

また、神奈川新聞社は、朝日新聞社から役員の派遣を受け入れるなど、いわば朝日新聞社の系列会社だ。些細なことではあるが、朝日新聞社社員である団藤氏が、その所属や役職を明らかにせず、朝日新聞との関係が深い神奈川新聞の行動を賞賛し、しかも、ライブドア批判に利用するとは、彼のジャーナリストとしての独立性認識の欠陥を指摘せざるを得ない。

申し訳ない、私には意味がわからない、この文章。前文では「団藤氏よ、自分の肩書きを明らかにするな」と書き、後の文で「団藤氏よ、自分の肩書きをもっとちゃんと明らかにせよ」といってるように見えるのは私だけ?こういうのを本当の論理破綻というんだと思うが。。。

その後、「ジャーナリズム史認識での論理破たん」の項では、朝日新聞の歴史を延々と語っているんだが、『ライブドアの商業主義的な出自を「欠陥」だ』という団藤氏の反論にはまったくなっていない、「朝日新聞よ、お前も俺たちと同じ穴のムジナだろう」といってるだけ。その論理も説得力があるように思えないし。堂々と「商業主義的な出自で何が悪い」といえばいいのに、何カッコつけてんだろうか。

で、極めつけは、コレ。

直接取材を惜しみ、原典への事実確認を怠り、ネット上の情報などを鵜呑みにして言論を展開する団藤氏は、もはやジャーナリストの範疇にない。

おいおい、いいのか、そんなこと「ジャーナリスト」がいっちゃって(w。「ちゃんと取材しろ」っていえるのは、一般市民の特権みたいなもんだぞ。ジャーナリスト側がいえる言葉じゃないと思うが。

「じゃあ小田さん、あなたはちゃんと取材したの?」ってきかれた時の答え、持ってるんですね?ちゃんとICレコーダ隠し持ってたんですね?そうですか、そうだとすればジャーナリストの鑑です。【了】


*この原稿はブロガー個人の見解であり、レンタルサーバの見解ではありません*



トラックバック

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 人のブログの論理破たん指摘する前に、自滅してますよ:

» ブログ時評 vs ライブドアPJ from 世間知らず
現在、ケンカ中。 ブログ時評の団藤さんは 「顔を洗って出直しなさい」とは言わざる得ないだろう。 と、一刀両断。 ライブドアPJの小田さんは  直接取材を惜しみ、原典への事実確認を怠り、ネット上の情報などを鵜呑みにして言論を展開する団藤氏は、もはやジャーナリ... [詳しくはこちら]

» 『言論江湖』「ブログ時評」という論理破たん(下) - livedoor ニュース from くまの世界観測
すでに随所で批判というか嘲笑記事が書かれまくりの『言論江湖』「ブログ時評」という [詳しくはこちら]

コメント

小田光康略歴
米ジョージア州立大経営大学院修了(MBA)、東京大学大学院人文社会系研究科修了(社会情報学)。米デロイト・トゥシュ、共同通信社、ロイター通信社、東京大学社会情報研究所。
経歴見ると、凄い人。

私が吹いたのは、コーヒーでした。
PJ募集ロゴの画像ディレクトリ名、知ってますか?
「houdou」ですよ。「報道」!
PJシステム自体も、既存ジャーナリズムとは一線を画す事を根底に目指したシステムのようですし、研修受けた方の内容報告などを読むと、PJにはジャーナリズムを求めているわけではない・・・?ような事も言ってるみたいですよね。
その割に、自分は「ジャーナリストのプライド」みたいなものがバリバリにおありになる様子(笑)なのが、何だかなあ?という感じでした。

でもなぁ。フィギュア萌え族・オオタニタソみたいな人もいるしねー。
海洋堂とかワンフェス事務局とか取材しないで批判ってのは、名の通ったジャーナリストの必殺技みたいなもんだしねー。
長崎の小学生による殺人事件でも、現場行かないで批判していたのがオオタニタソだったし。

まぁ、今回のはどっちもどっちじゃね?
つーか、こんなのでエントリーしちゃうのもどーかと思う次第。うんこの投げ合いだからさ。
うんこの投げ合いよりもジャーナリズム論で客観的エントリーが読みたい今日この頃。

なーんか、感情的なんだよねぇ、どこのブロガーも。
(とココのブログだけに書くのは失礼な気もしますが、他意はありませんので、気分を悪くされたら申し訳ない)

>通りすがりの読者様
いえ、気分を悪くするなんてとんでもない、コメント感謝です。

読み手としては「ジャーナリズム論で客観的エントリーが読みたい」というのはすごいわかるのですが、ブログを書く側としては「うんこの投げあい」の方が実況中継しやすかったりします(w 「このうんこ、くっせー」っていってりゃいいし。
それに「感情的」にならないと、なかなか書けないんですよね、少なくとも私は。書くって結構「頭」使って、めんどくさい作業なんですよ。もし冷静になっちゃうと、「めんどくさいから、今日はもう更新なし」って寝ちゃう。だから、どこのブログも感情的なものばかりになっちゃうんだと思いますが。

もっとも、うんこは作物を育てる「肥やし」になりますが、このライブドアPJ記事は、肥やしににもならない気が・・・

コレはただのうんこ止まり、ですか。あちゃーあちゃー。
ものすごくわかりやすい例え、ありがとうございました。
「『言論江湖』「ブログ時評」という論理破たん」には
「あとがき」という完結編もあったようなんですが、
読まないうちに削除されてたようで。
もっとよく観察したいと思ったのに、トイレ流されてしまったうんこ・・・哀しいです、何だか。(w

<CHO 様
<「あとがき」という完結編もあったようなんですが
え?ホントにそんなのあったんですか?
すごいな、だとしたらCHOさんの言うとおり「うんこだとやっと気付いて流した」ってこと?

いやあ、ライブドアPJ全部がうんことかうんこ以下だとかは思ってないんですけどね。
俺だって人の事いえないし。

ただ、一定のクオリティ以下の記事しか書けないなら、
そもそもライブドアPJになんかせず、自分のブログを作ってトラバればいい話なのに。

その意味において、団藤氏は「うんこ」では無いわけだと思う次第。

「あとがき」は団藤氏のブログのコメント欄に書かれているアドレスから、見れるようですね。
PJニュースではなくブログ掲載だったようなので、「肥料にするつもりだったけど、腐ってきたので耐え切れず流してしまった」って感じだったのでしょうか?
私も個人的にはPJ制度は全く無駄なものではないとは思ってます。ライブドア騒動にうんざりの私から見ても、素直に「いいなあ」と思える記事もありますし。
話は変わりますが、こちらのCSSについての記事なども後で読ませて頂きます。参考にさせて頂きますね^^
まあ、こういう出会いも在ると言う点では、肥料になったと言えなくもない「うんこ」で・・・
って、お邪魔の上「うんこ」連発、ホントすみませんでした^^;

   朝日新聞記者、 団藤保晴氏への「ネット右翼および朝日新聞の体質に関する意見と、公開質問状!
魁!清谷防衛経済研究所 ブログ分室 http://kiyotani.at.webry.info/