« アクセスログ解析の無意味、無力 | メイン | いつまでたっても「横並び」 »

マスコミって何ですか?またはマスのいない時代のメディア論

マスコミ、マスコミっていうけど、マスコミってなんだろうね。新聞社のこと?テレビやラジオ局のこと?2ちゃんねるとか、ライブドアとか、ウィルコムは、マスコミじゃないってことでいいんだろうか?

新卒学生に見放されるマスコミ業界

で、マスコミをWikiで調べたところ、以下のような説明がなされていた。

マス・コミュニケーション(マスコミ、Mass Communication)とは、受信能力を有するすべての人々に公開されたコミュニケーション活動であり、寡占的状態にある大規模組織である送り手から、大量の不特定多数の受け手に対し、高度な機械技術体系を使って大量の情報・記号を一方的に伝達するコミュニケーション手段である。

このWikiの説明が正しいかどうかはわからないが、正しいとするなら「寡占的状態にある大規模組織である送り手」というのがポイントだな。つまり、今、新聞やテレビは、寡占的状態で、しかも大規模な組織なのか。

ちゃんと統計をとったわけでないのでテキトーに書くが、たとえばテレビの番組って「お笑いバラエティー」「生活情報番組」「テレビショッピング」の3ジャンルの番組が大半を占めているみたいだが、これって「寡占的状態で大規模な組織が必要」な情報か?笑いも、生活情報も、通販も、全部ネット他で不特定多数の人々に代替送信されてしまっているような気がするが。

R30氏が出してきたデータは、「新卒学生が「就職したい」と答えた業界の比率の、変化のデータ」であるから、単純に、「もうマスコミュニケーションは、就職先=会社組織が必要なコミュニケーションでなくなった」ということじゃないのか、ホームページ・ブログや2ちゃんねるなどに代替されて。「マスなコミュニケーション」という行為自体に学生が興味を持たなくなったとは思えないが。

うーん、なんかよくわからん、オチはない。今日はもう眠いので寝る。