« Adobeがどっちを向いて製品を出すか、それが問題だ | メイン | 最近やってみたい7つの事柄 »

当サイトがいろんなキーワードで検索されている件について

ブログの記事がたまってきたこともあって、検索エンジン経由で当サイトに訪れてくれる人が増えてきた。ありがとうございます。ちなみに、4/13-4-19の一週間の当サイトのPVは、私自身のアクセスだと思われる分を除いて5872。1日約800強へと成長しました。ついこの間まで1日300くらいだったのになぁ。

ただ、当サイトは「できるCSS」とかいってながら、CSSの記事は1割以下であって、ほとんどが時事ニュースに対するコラム・雑感、どーでもいいテキトーエントリーがほとんど、それもジャンルはバラバラ。なので、キーワードの種類もほんとにバラバラ。探していた記事と全然マッチングしていないだろうと推測されるものもあり、そういう意味ではホントに申し訳ない。

一応、キーワードの上位には「CSS」「テーブル」「ie」など、「できるCSS」ってサイトっぽいキーワードが占めてるんですが、中位~下位にいくと、バリエーションがものすごい。

まず、「ロンダルキア」「ロンダルキアの洞窟」。ニートとは、ロンダルキアの洞窟をこえたことがない人たちであるというエントリーに反応しているらしい。ちなみにこのページは2ちゃんねるで晒されたらしく、かなり古い記事なのに今でも1日10PVほどのアクセスがある。あと、いわゆるROMることを「呂夢」って当て字したのだが、呂夢で検索される人が多い。うーんよくわからんが、お探しの呂夢はここですか?

マイアヒー」関係も、まあまああるようだ。つーか「エイベックス」とかならわかるが、「飲ま飲ま」で検索するってどうよw

あと「FPはた坊」とか「行動するリーダー」とか「国分太一(笑顔)」とか「一方ロシアは鉛筆を使った」とか、そんなキーワードで検索する人もいるんですなぁ。すまん、このエントリーにオチはない。

【PS】
げげ、「av女優 ブーン」で、Googleで2位になってるwwwwwwwwwww
(2005.04.22現在)