« 本は、本来の役割に専念しはじめる | メイン | そんなに「CD」「音楽データ」が偉いのか、著作権の過保護 »

2005年3月末のアクティブなブログ開設者は約95万人(推定)

総務省がホームページで、ブログサービスの現状分析・将来予測を推計した結果を公表している。

ブログ・SNS(ソーシャルネットワーキングサイト)の現状分析及び将来予測
総務省、2005年3月末のブログ利用者は約335万人、SNSは約111万人と分析(ニュースサイトの記事)

2005年3月末時点の国内ブログサービス利用者数は、同調査によれば延べ人数で約335万人。ただし、同研究会では複数のブログを掛け持つ利用者を考慮すると、純ブログ利用者数は約165万人であるとしている。また、少なくとも月に1度ブログを更新しているアクティブな利用者数は約95万人で、月に1回以上ブログを閲覧している利用者は約1,651万人だという。

 今後の予測値としては、2007年3月末のブログ利用者は延べ人数で約782万人、アクティブブログ利用者数は約296万人、ブログ閲覧者数は約3,455万人に達すると予測している。

ま、この数字はあくまで推計だが、おそらく大きくは外してないだろうと思う。ただし、この図のように、今後もブログ開設者が増えていくのかどうかはちょっと疑問だが。もうそろそろ、若年層のブログ開設者は頭打ちなんじゃないだろうか、いや、まったくの「勘」だが。

今後この表どおりにブログ開設者が増えていくためには、定年を迎えるシニア層などにもっとブログが浸透していく必要があるように思う。もっといえば各ブログサービス会社などが、シニア層にも理解できるようにヘルプページを充実させたり、有料電話サポートとか「かんたんブログ教室」みたいなサービスが浸透するか、にかかっていると思う。



トラックバック

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 2005年3月末のアクティブなブログ開設者は約95万人(推定):

» 数字に裏づけされた提案をするためのネタ元 from くりえいちぶ
企画や提案をしてクライアントや株主を説得させる 大きな材料になるのが数字。 全体的な数字はこれでみれますが、 ポイントを絞った詳細なマーケティングデー... [詳しくはこちら]