« SAMSUNG液晶モニターSyncmaster 173P 使用感追加 | メイン | NHKよ「空気嫁」w、プロジェクトX「事実と違う」高校が抗議 »

匿名だろうが実名だろうがどーでもいいから、本音が聞きたい

匿名だろうが実名だろうが、コテハンだろうがニックネームだろうが、そんなのはゴーストに他との識別を可能にするために貼った「ラベル」であって、どーでもいい。知りたいのは「本音」だ、それがブログだろうがコメント欄だろうが2ちゃんねるであろうが。本当のところ、どう感じ、どう思うのか。発言者のゴーストは何とささやいているのか。

ブログは実名で書くべきか、匿名で書くべきか

実名でブログを書いている自分が言うのも変な話ですが、正直なところ実名でブログを書いたところで、匿名ブログとメリットはそれほど変わらないような気がしています。

実際、サラリーマンだったら、実名は隠しつつニックネームで、というのが相場だろう。変に実名晒すと「あの目立ちたがり屋が」ってことになりかねないし、どっちにしろ会社に見られて困ることは書かないとはいえ、実名にしてしまうと制約が大きくなって書きづらいことが増えてしまう。

問題なのは、匿名か実名かというハナシじゃなくて、本音なのかウソなのかってことだ。ウソってのは大げさだが、要するに他人と同化したいがためにコピーペーストした記事を書き、同じようなオリジナルなきコピーブログからの並列化トラックバックをもらって、「ああ、私は他の人間と同じ考え方なんだ」「ブログを通じて社会にとって良いことをした」っていう充足感を得ているだけじゃないのかって事だ。例にあげやすいのが、「コメントスクラム」「ブログスクラム」の類だろう。

JR西日本を恫喝した「髭記者」の実名にたかるブログ・スクラム

で、事件の本筋と平行してずっと流れていたのが、「記者会見で怒鳴り声を上げたあのヒゲの記者はだれなのか?」だった。実名らしきものを暴いたのはブログ「清谷防衛経済研究所 ブログ分室」らしい。管理人さんはフリーランスのジャーナリストのようだ。

 まあ清谷さんの記事は、情報を掘り起こしたんだからオリジナリティはある。だがそれに群がるほかのブログには「何もない」。尻馬に乗り、他人がくれた情報に便乗して騒いでいるだけ。ただのコピペみたいなもんだ。なんだかなあ、である。

 JR西日本を寄ってたかって吊るし上げる既存メディアと、髭記者の実名をこれでもかと晒す無数のブログ。どっちも同じ穴のムジナに見えるのは私だけでしょうか? 要はあなたたち、祭りに参加したいだけ、魔女狩りを楽しみたいだけだよね? なんか後味悪いよなあ。

匿名だろうが、実名だろうが、本当にそう思ったなら思った通り発言すればいい。しかし中には疑問に思うブログも多い、「本当にそれが本音なのか」と。松岡美樹氏の「要はあなたたち、祭りに参加したいだけ、魔女狩りを楽しみたいだけだよね?」に集約されているが、要するにどーにも反論しようがない相手をとっ捕まえて、思っていようが思っていまいが関係ない「コピーペースト」な記事を立ち上げ、同じようなコピーペーストな記事からのトラックバックもらって、正義の共有化をして満足してるだけなんじゃないか。

繰り返すが、私は本音の記事やコメントが見たい、それだけだ。実名だろうが匿名だろうがそんなことはどーでもいい。私と同じ意見か、違う意見か、それも大きな問題ではない、もっと重要なのはその内容が、書いた人間の「ゴーストのささやき」から生まれたものであるかどうか、だ。

件の髭記者への罵倒ブログも、いつだったかイラク人質事件で開放された人質に対するバッシングなんかも、それがみんな本音で、そう思った人がそれだけ大勢いたなら問題ないと思う。しかし、「みんなの意見にあわせたかった」「自分も弱いから、さらに弱いものをいじめたかった」だけのような気がしないでもない。いや、これは何も他人のブログだけでなく、私も含めてだが。

本来ならインターネットとか掲示板とかブログとかは、個人が本音を世界に発信できるメディアというのが大きな強みであるはずなのに、結局ネットもこれまでの新聞やテレビと同様、何も変わらないということになる。「メディアスクラム」が「コメントスクラム」「ブログスクラム」に変わっただけ。なんだかちょっと、さみしい。

とりあえず私は、今までもそうしてきたつもりだが、なお一層気をつけて、本音を書いていこうと思う。そして、匿名だろうがなんだろうが、本音で書かれたブログ記事やコメント内容ならそれでいいと私は思うが、どーだろうか。無責任な内容のコメントとか記事は、大抵、書いている人の本音というより、「ブログスクラム」「コメントスクラム」に代表されるように、本音が違うところにあるコピーテキストのような気がするし。



トラックバック

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 匿名だろうが実名だろうがどーでもいいから、本音が聞きたい:

» JR西日本を恫喝した「髭記者」の実名にたかるブログ・スクラム from すちゃらかな日常 松岡美樹
 JR西日本列車事故の記者会見で、下品な怒声をあげた「髭記者」の実名が暴かれたようだ。で、その実名をいっせいに晒し、これまた下品な「ブログ・スクラム」が行われて... [詳しくはこちら]

» 最初から意味がある記事なんて書けねーよ from できる!CSSを使いこなす
考えがまとまらない、というか相反する2つの答えが頭の中を、さっきからぐるぐるしている。それは「コピーペースト記事でもいいじゃない」と「コピペな記事なんていらん、... [詳しくはこちら]

コメント

初めまして。トラバ、ありがとうございます。ご紹介いただいた私のエントリーで、私が言いたかった本題が明快に言語化されている感じがしました。私のエントリーを読み、「実名晒しをすることのモラルを問う文章だ」と解釈された方も多かったのですが、実は主題はそうではないのです。

記者の実名晒しは「正義」の名の下に行われました。ですが私が読んだ範囲では、くだんの実名をまるで珍しい動物が網にかかったかのような扱いをしているものが目立ちました。で、私は本能的に「いやな感じ」がした。その「いやな感じ」とは、正義の名の下に行われながら「それは本音ではないのではないか?」との疑問から生まれたものです。つまり匿名であることに加え、それらは本音ですらないという「2重の仮面」をかぶったコピーテキストだったのだと思います。今後ともよろしくお願いします。

松岡様、はじめまして。
「つまり匿名であることに加え、それらは本音ですらないという「2重の仮面」をかぶったコピーテキスト」っていう表現は、なるほど、一番しっくりする表現のような気がしますね。
ブログっていう個人が発言できるツールを手に入れながら、そこで発信される言葉は結局、思ってもいない「コピーテキスト」だとしたら、笑えませんね。ネットの利点がひとつ死んでます。
とりあえず私は、私の言葉で発言していくように注意したいと思っています。