« 究極の情報共有 | メイン | 菊間アナへの処分が相変わらず軽すぎる件について »

菊間アナへの処分が甘すぎる件について

メンバーって言葉を聞くと「稲垣メンバー」を激しく思い出すわけで。
ま、今回の場合も、事件性はないし、どーでもいいっていえばどうでもいいことだが、フジテレビの処分が甘い。甘すぎる。

NEWSの18歳補導、菊間アナが酒飲ませた

残った社員で15日午前1時ごろから別の店で2次会を開催。ワールドGPのリポーターを務めている菊間アナも合流した。関係者によると、菊間アナがホテルに帰っていたメンバーを電話で呼び出したという。

<中略>

フジテレビは騒動について「監督すべき社員が適切な判断ができなかったことは遺憾」と謝罪。菊間アナら社員に対する処分を決めた。菊間アナは16日からワールドGP出演を取りやめた。また、レギュラー司会を務める「こたえてちょーだい」(月~金曜午前9時55分)も22日まで出演を見合わせる。

テレビ局っていうのは、その仕事上、未成年が仕事する場合が多い場所だ。そういう職場の社員であれば、仕事をする相手の未成年に対して最低限の配慮するのは当然のこと。ましてホテルに戻っていた未成年者を2次会=お酒を飲むための会に「呼び戻す」などという行為は、どう考えても言い訳できない論外な行為だ。

この「NEWSメンバー」が、結局は自発的に酒を飲んだのか、それとも文字通り「いっき」とかさせて無理やり飲ませたか、その「程度」によって菊間アナはじめフジ社員の罪の大きさは変わってくるだろうが、それでも「22日まで出演を見合わせる」なんて処分はあまりにも軽すぎやしないか。単に未成年者に酒を飲ませた、というだけでなく、立場の上の者が下の者を無理やり酒の席に誘った=「パワーハラスメント」の疑いすらあるというのに。

メンバーは店を出た後、1人で繁華街近くの勾当台(こうとうだい)公園まで歩き、公園内で飲酒し騒ぎ始めた。午前3時ごろ、通行人から「少年が暴れている」と通報を受けた仙台中央署の署員が駆けつけて任意同行した。署内で保護した上、注意してホテルに帰した。

まして未成年を呼ぶだけ呼んどいて、酔いつぶれたら、ひとりほったらかしってどういう事だ。いくらなんでもひどすぎやしないか。それとも、フジテレビ局内では、そんなことは日常茶飯事なんだろうか。



トラックバック

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 菊間アナへの処分が甘すぎる件について:

» 菊間アナへの処分が甘すぎる件について from clip
代役の大林素子さん、がんばってください [詳しくはこちら]

» がんばっていきまっしょいキャスト変更!! from イタバの小話
7/15日未明に仙台市内で飲酒し、補導された人気グループNEWSのメンバー(18)が降板した連続ドラマ『がんばっていきまっしょい』(火曜夜10時)の代役が19日... [詳しくはこちら]