« Googleに続くAdobe、Apple・・・そして取り残されるMS? | メイン | 液晶モニタのDVI(デジタル)接続が故障 »

郵政解散の雑感

ま、さっぱりわからん「派閥の調整」でうやむやにするより、良かったんでないかと。

首相、「郵政民営化の是非を争点に」会見で表明

首相「自公で過半数割れなら退陣」

「自公で過半数割れなら退陣」と、明確な数値を出してくれているのも、わかりやすくてよい。小泉さんも、自分のやりたいようにできないなら、退陣するしかないと腹をくくったんだろう。よくやった。感動した。

あ、だけど、どこに投票するかは、まだわかりませんので。

つーか、民主党は対案も出さずに反対して、大丈夫なんだろうか。勝負以前に、土俵にあがってないぞ、君たち。「土俵にあがらなきゃとりあえず負けはない」作戦って、そんな消極的な態度で大丈夫かよ、おい。「自民党より保守的な民主党」って、そんなキャラで得票できんの?いや、政治詳しくないからテキトーに印象だけでいってるけど。

しかし、結局、郵政民営化って、実は誰も興味なくて、投票率も伸び悩み、自民も民主も微減で、支持基盤が強固な公明だけ躍進、なんてシナリオも有り得るような気もしてきたな。



トラックバック

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 郵政解散の雑感:

» 歴史に残る愚挙 郵政民営化解散 from 社長の本音日記
郵政民営化法案が大差で参議院で否決され、小泉総理は衆議院を解散、総選挙となりました。 産経新聞「郵政法案、大差で否決 自民から多数の造反」 http:/... [詳しくはこちら]

» 解散総選挙 from clip
ここのところ選挙では民主党入れてましたが、今回の一件で主体性のない党だということがよくわかったので、民主党だけは入れません。 [詳しくはこちら]