« MacIE5で、背景画像が消える | メイン | 米Google、オフライン広告に進出の雑感 »

Adobe GoLive CS2 購入

30日試用版で使っていたアドビのGoLive CS2(Mac)を購入した。

WinのPCはDreamweaverMX2004を買ってあるんだが、Macには有料レイアウトソフトは入れてなかった。ま、これまではibookではイラレや画像処理をすることはあっても、本格的にHTMLをいじることはなかったし、CSSをちょっとカスタマイズする程度ならフリーのソフトやテキストエディタでもいじれるので、それほど不便ではなかった。

ただ、DreamweaverMX2004のCSSエディタ機能は使いやすくはないし、レイアウトも崩れがちで、あまり満足いくものではなかった。テーブルレイアウトで作るのは便利なんだけどね。ショートカットが慣れていることもあるけど、ほんとに素早く直感的に作れる。だけどCSSは、そこまでこなれてない感じ。CSSはフリーやシェアウェアでいくつか専用エディタが出ているが、その方が(CSS部分をいじることに限って言えば)使いやすかった。

そんなDreamweaverに対する「プチ不満」もあり、またibookを外のカフェに持ち出して(フリースポット等で)ページ制作をする機会が増えてきた事もあり(その方が家でダラダラとするより効率的でよいことに気がついた)、また個人的なボーナスがあったこともあり、またGolLive CS2 は(安くもないが)レイアウトソフトとしてはそれほど高くない(26000円くらい)こともあり、といったことをいろいろ考えて、30日フリー版で試した後、思い切って購入した。

ま、もし購入をご検討の方は、まずはアドビの製品ページのPRを読み、30日試用版をお試しどうぞ。つーか、アドビの商品の説明PRにフラッシュが使われているというのが、「ああ、やっぱりアドビはマクロメディアを買収したんだな」を実感させてくれますな。

まだ操作に慣れていない部分もあるが、個人的にはDreamweaverMX2004と同等かそれ以上の価値はあると思う。特にCSS周りがエディットしやすい。もちろんCSS、HTMLともにハンドコーディングにもすばやく切り替えられる。さらに「三段組」など、あらかじめ決められた段組みをドラッグ&ドロップで読み込めるので、ソースの奇麗さにこだわらなければ、これを手っとり早く利用するのもありだろう。

また、MovableType関連のタグをドラッグ&ドロップで入れ込める、携帯(i-mode)文字の挿入や携帯画面シミュレーションにデフォルトで対応している。本格的に使えるとまでは言いがたいが、こういうのも時代の流れに沿っているし便利だろう。

無料版は30日で使えなくなるが、そのままAdobeで購入すると定価を請求されるので、少しでも安く抑えたければ楽天などで製品版を探すのがいいと思う。2000円程度は安く買えるんじゃないだろうか。