« ドメイン+2年間レンタルサーバ利用無料に当選 | メイン | 報道規制だと訴えられたYahoo! »

自民圧勝というより、民主自滅

小選挙区ってのは、恐ろしいなぁ。まだこの記事書いている時点では確定じゃないが、どうやら自民単独で300議席をうかがい、自民公明の与党で定数の2/3を確保しそうな勢い。2/3って、下手すりゃ憲法変えれるんじゃないか?あ、参議院があるか。それでも、こんな大勝って、最近じゃちょっとないんじゃないか。

自民単独で過半数を超えたっていうのは、小泉総理はじめ自民党議員の主張が支持されたから、といえるだろう。だけど与党で定数の2/3あまりっていう大差になってしまったのは、やっぱり民主の「自滅」ってことだと思う。実際、民主以外の社民や共産は、解散前議席を確保してるわけだし。

選挙期間中も、よく小泉・岡田両党首のCMが流れてたが、はっきりいって岡田さんの方は何がいいたいのかが全くわからない、投票の参考にならないCMだったし。そもそも横向いてたり上向いてたりして、有権者の方を向いてないし。あ、上向いてるのは元からか。それにしたって「日本をあきらめない」って、そんなコピーはないだろう。

しかし、今ふと思いついたが、「小泉支持」ってのは、ある意味で電車男支持と同じなのかもじれんな。「仮にネタだったとしても、よくできた話だからOK」っていう意味で。

自民党に投票した多くの無党派層も、「郵政改革が進めば他の改革も進む」「そもそも今の郵政改革法案で万事OK」って単純に思っていない、半信半疑ではあると思う。が、それでも、小泉さんが「何か頑張っている」のは間違いなさそうだし、郵政民営化実現のため悲壮の決意で解散、改革抵抗勢力への断固たる措置っていうの話の筋も(多少、うさんくさいところもあるが)全体としてよくできているし、まあ壮大なネタだったとしても騙されてみる価値はあるか、って感じだろうか。

もっとも「圧勝したからしばらくは自民党安泰」ともいえんが。確かに民主その他がいっていたように、郵政以外にも年金や消費税など問題は山積みだし、今後の政治運営の仕方によっては、今度は自民が無党派層に見放され、今回起きた圧勝劇が次回選挙でまったく逆に(=民主圧勝)起きることも十分有り得ると思う。

そういう意味では「選挙が面白い」時代になったのかな。小泉さんの一番の改革の功績は、実はそこかもしれないと思った次第。