« 民主党は本気で改革する気があるのか | メイン | Frefoxで、時々a:hover時に変な線が出るバグ »

Mr.Children「I ♥ U」購入

Mr.Children「I ♥ U」(アイラブユー)を購入した。

アイ ラブ ユー

ジャケットが「原稿用紙」なのに、歌詞カードの歌詞が、文字の配列自体がその曲のコンセプトを表すピクトグラムのようになっていて、誤解を恐れずに言えば非常に見難い。これを口で説明するのはとても野暮ったいんだが、たとえば「隔たり」はコンドームになってるwww。

・・・と、買った人しかわからない話をしてもしょうがないので、曲の中身も紹介しておきますか。

どの曲も今まで通りの「ミスチル調」「桜井節」なんだが、その歌詞の内容というか、メッセージを送る対象の幅が広がっているような気がした。つまり、特定の層(たとえば、20代の女性だけ、とか)へ向けた曲を多数集めたアルバムではなく、10代後半-20代、30代、40代以上、男、女、カップルなど対象がさまざまだ。歌詞の内容も、応援歌やラブソング、別れなどの曲はもちろん、自慰やコンドームを描いた曲まである。

曲調も、アップテンポ、ミスチル風ハードロック、バラード、Jポップなどさまざま。
おそらくこのアルバムは、聞く人によって一番いいと思う曲が違ってくるんだろう。しかしその好きな曲といっしょに、自分とは違う対象向けの曲-私だったら女性とか、40代あるいは10代-20代前半向けの曲-なども聞かせたい、つまり「バラバラになってしまった世代間、性別間、価値観を、せめてアルバムの中でひとまとめにしたい」という思いがミスチルにはあるのかなぁ、と、そんな風に思った。

捨てるのに胸が痛んでとっておいたケーキを 結局腐らせて捨てる
分かってる 期限付きなんだろう 大抵は何でも 永遠が聞いて呆れる

僕らはきっと試されてる どのくらいの強さで明日を信じていけるのかを...

-Worlds end-



トラックバック

この一覧は、次のエントリーを参照しています: Mr.Children「I ♥ U」購入:

» ☆チルトーク☆ from ☆★トレビァ→ンコ★☆
ミスチル・・・最近好き度が増していきまくってます(笑) この矛先はどこへ向かっているのでしょうか?  私の現実逃避のお供・・・お友をご紹介☆ Mr.... [詳しくはこちら]

コメント

全然関係ありませんが、桜井さんの嫁と同じ名前、しかも漢字も同じってのが(どこでしたらいいかわからんけど)私の自慢です。