« Google Analytics アクセスログ解析開始 | メイン | Google先生、もうお腹いっぱいです »

Google サイトマップ (Beta) 日本語版

Googleやばい。ヤバすぎる。今度は、Google サイトマップ (Beta)の日本語版が登場した。これもGoogle Analytics (アクセスログ解析)と併用して、サイト運営に役立てろということか。

Googleサイトマップ

Google サイトマップは、実験的なウェブ クローリング システムです。サイトマップを使用して Google のクローラにサイトの情報や場所を提供することで、クロールの精度と効率を高め、Google のインデックスにより多くのページを登録することができます。

リンクをたどるだけでは、簡単に見つからないような動的なコンテンツやページがサイトにある場合、サイトマップファイルを使用して、サイトのページに関する情報を Google に提供することができます。 これにより、サイト内の有効な URL やページの更新頻度をスパイダーが把握できるようになります。

「Googleやばい」といったのは、キムタクが「この料理、おいしい」という意味で「やばい」と言う風に使う意味での「やばい」じゃない。国語の辞書そのままの意味で、文字通りやばい。もの凄い速度でGoogleがインターネット世界を支配しようとしている。ヤバすぎる。しかも、「マイクロソフト帝国」と違うのは、それがほとんど全て無料サービスであり、そのおかげもあってマイクロソフトに比べて総じて「イメージがいい」。それがさらに、やばい。

いや、一般の人たちや一般企業はいいだろう、無料でサービスを受けられるのだから。だけど、Googleが提供するサービス群に該当する企業、そこで働く人たちは、やばい。キムタクの嫁がいうように「軽くヤバい」って笑ってる場合じゃない、かなりヤバい。

で、一番ヤバいのは広告業界、それも私の勤めているような中小の広告制作会社や広告代理店だろう。なんせGoogleが無料でサービスを提供できるその大元は、なんといってもアドワーズ広告&AdSenseなのだから。おもいっきりかぶっている。

企業が出す「広告制作費」自体はこれ以上は減らない、むしろ景気回復が本当なら、これから増えていくだろう。だけどその広告費は。私の会社にまわってこない。アドワーズ広告&AdSenseや、他のアフィリエイト広告費にまわされ、Googleとブログに広告を出している個人にまわされる。これはWEBだけじゃないだろう、きっと。Googleが新しい形の広告代理店である以上、紙DTPにも進出するのは時間の問題のような気がする。

なんか、やばい。もっと書きたいんだが、ノートパソコンのバッテリーがヤバいので、今日はここまで。



トラックバック

この一覧は、次のエントリーを参照しています: Google サイトマップ (Beta) 日本語版:

» Google Analyticsに喰われてたまるか from お気楽極楽スクリプト
あのGoogleが、アクセス解析サービスに参入。一応、オイラもアクセス解析ソリューションを開発&提供しているので、、、しかも、Googleでトップだったり... [詳しくはこちら]

» 「Google Webmaster Central」でインデックス管理 from WEBの神?Google情報局
ブログなどのサイト運営者にとってGoogleやYahooなどに登録(インデックス)、検索にヒットすることは基本的な課題です。 せっかく作ったサイトもこれ... [詳しくはこちら]

» 検索エンジンの訪問回数を増やそう from 在宅パソコンワークで副業♪ネットビジネス正攻法
インターネットが普及して、 これだけサイトの数が多くなると、 検索エンジンさんも、 忙しすぎてなかなか全部のサイトを回りきれません。 でも... [詳しくはこちら]