« 放送と通信の融合より、通信と金融の融合が先 | メイン | 楽天やライブドアはWeb2.0を目指してはいないのか »

「黒ひゲイ危機一発」企画の番組がGoogleにフォーッ

「セクシュアルマイノリティ教職員ネットワーク」団体なるものから、発売中止要請がきたらしいですが。この反応が、かえって「黒ひゲイ危機一発」の知名度をあげる結果になり、むしろ逆に宣伝になってしまったような。

asahi.com: 「黒ひゲイ危機一発」、同性愛団体が発売中止求める

「同性愛者やそれを連想させる人物を樽に入れ、剣で突き刺して『楽しむ』玩具の発売は同性愛者に対する差別で、子どもに偏見を植え込む恐れがある」とする文書を郵送した。

これを「同性愛者に対する差別」っていうのは、過剰すぎる反応じゃないかと思いますが。

ってそんな事より、そもそもこの企画の元になったテレビ番組が、Googleビデオにアップされてました。
http://video.google.com/videoplay?docid=4109020092512094448

著作権どーなってるんでしょうかね。。。
しかしこの番組を見る限り、レーザーラモンHGって意外と芸達者だし、トークもうまくなってますな。ブレイクしてすぐの頃に比べたら、アドリブもきくし間がもつようになってる気が。去年の波田陽区のように、年末年始までの一発芸キャラかと思ってましたが、意外と息の長いタレントに化けるような気がします。