« 楽天やライブドアはWeb2.0を目指してはいないのか | メイン | 建物とウェブのナビゲーションについて »

2005年、当サイトでアクセスの多かった記事

残念ながら、アクセスログが2005年4月5日からしか残っていない。その以前からも、もちろんアクセスログは見ていたのだが、生ログをPCに保存していなかった。なので、中途半端なんだが、2005年4月5日~12月31日朝5時くらいまでのアクセス数(ページビュー)を集計し、上位を記しておく。

ページビュー1位
そんなに「CD」「音楽データ」が偉いのか、著作権の過保護」(19068)

5月20日の記事。だんとつでトップ。リファラ(アクセス元)は「朝目新聞」「かーずSP」「カトゆー家断絶」「駿河電力/スク水.jp」など、いわゆるブログでない、旧来からの個人ニュースサイトからで、これらのサイトの支持者・動員力を身をもって体験した。


2位 
トヨタ「ミュージックプレイヤー」発売:」(6106)

びっくりだ。この記事は2005年12月13日に書いたもので、内容はほとんどない。単なる「トヨタミュージックプレイヤー」なるものの紹介に過ぎない。それが、年間で2位を取ってしまうのだから、恐ろしい。リファラ覗くと、検索エンジン(特にヤフー)からキーワード検索でよく訪問されている。

この「トヨタミュージックプレイヤー」はいわゆる「ディザー広告」で、広告はされているのに(12月26日の本発表の日まで)情報が乏しく、何なのかわからんという飢餓感から、検索サイトで探した人が多かったようだ。そしてその割にこの話題をちょっとでも記述したブロガーが少なく、私のような車の記事がほとんどまったくないようなブログでもヤフーで「トヨタミュージックプレイヤー」で検索されたときに上位にランクされてしまったようだ。


3位
匿名だろうが実名だろうがどーでもいいから、本音が聞きたい(4712)

これも、アクセス元の約2/3は「カトゆー家断絶」だ。この場を借りて御礼申し上げます。当サイトは、特に前半、眞鍋かをりや古田氏など、有名どころにトラックバック送ってみたりしたが、結局それらのサイトからのトラックバックよりも、あるいはソーシャルブックマークやmixiなどからのアクセスよりも、カリスマ個人サイトに(一行URLだけでも)紹介される方が断然影響力が大きいということがわかった。それを体感しただけでも、このブログをやっている甲斐があると思った次第。


さて、以上が上位3つだが、4月以前のログがあれば、もしかしたら上位にきてたであろうと推測される、「ロングセラー」な記事な2つを記しておこう。


ニートとは、ロンダルキアの洞窟をこえたことがない人たちである(3614)
2004年12月23日に書いた記事が、4月からの集計でも3614ページビューも獲得している。ざっと1日平均約12ページビューくらいだから、1月から集計していれば1000以上の上積みがあったことは間違いない。息の長い記事となった。

アクセス元は検索サイトと、mixi、2ちゃんねるが多い。って、mixiからリンクされても、どういう風な形で紹介されているかわからん。多分、ドラクエの攻略サイトを探していて、タイトルにつられてちょっと寄り道してくれた人が多かったんだと思う。


なぜドラクエ8「錬金釜システム」がしっくり楽しめないか(2818)
3月1日の記事。これも、直前のアクセスログの推移からみて、プラス800PVくらいの上積みはあったはずの記事。アクセス元は検索サイト、「錬金」関係でのアクセスがほとんど。これも、ドラクエ攻略サイト、特に錬金釜について調べていた人が、タイトルにつられて立ち寄ってくれたんだろうと推測される。


最後に、当サイトが検索サイトで検索された「キーワード」のトップ3は、1位「CSS」、2位「トヨタ」、3位「巨根」だった。どのキーワードも、あまりそんな記事を書いた覚えがないのは気のせいか、気のせいだろうな、いや、気のせいに違いない。

それでは、よいお年を。