« 建物とウェブのナビゲーションについて | メイン | レイアウト配置用クリア IE6配置ずれバグ対策ほか »

言及なしTBでアクセスを奪われるのは、そんなに嫌ですか?

最近ネット界隈では、「言及なしトラックバック」の是非が議論されているようで。どうやら発端は、livedoorブログの開発日誌で「トラックバックスパム防止について」で、

2006年1月10日より、トラックバック元の記事にトラックバック先のブログURLが含まれていない場合、受付を拒否する仕組みを導入します。

この仕組みの導入により不特定多数のブログに無関係のトラックバックを送信することができなくなります。トラックバックを送信する際に、2,3個のブログにまとめて送信される場合は記事の中で送信先ブログのURLを入れるようにしてください。

と中途半端に言及されたのが、一部livedoorブロガーに誤解されたからのよう。確かにこの文章だと、「URL含む言及のないリンクは無条件ではじかれる」と取られても仕方がない文章だ。

その後、トラックバックスパム防止機能の導入につきまして という記事で、

現在利用されているブログの管理ページ内「ブログの設定/管理」タブ内に「参照リンクの無いトラックバックを許可する」という項目が加わります。

導入後はトラックバックする際の投稿内に、トラックバック先ブログのURLを含める必要があります。この制限により無差別なトラックバックスパム送信を防ぎます。

※ご注意ください
通常(デフォルト)状態ではここにチェックが入っていない(許可しない)設定となります。もしこの機能を使用したくない、広くトラックバックを受け付けたい、という場合はチェックを入れていただければ今までと変わらず使用できます。

と、言及なしトラックバックを受け付ける・受け付けないは各ブロガーによって選択でき、今までと同様の使い方もできる、というわけで、騒ぎは一段落しはじめているよう。ただ、せっかくの機会なので、私的にトラックバックについて、私の現時点での考えを明確にしておこうと思う。

ちなみに、トラックバックについての考え方の相違は、「トラックバックをめぐる4つの文化圏の文化衝突――「言及なしトラックバック」はなぜ問題になるのか [絵文録ことのは]」でうまくまとめられていると思う。この分類でいくと、私は「関連仲間文化圏」になるだろうか。ただし、自分からトラックバックを打つときは、ほとんど自サイトで言及したときに限る。それは、わざわざ関連トラックバック先を探すのが面倒なのと、世の中には「言及リンク至上主義者」も多いと知っているので無用なトラブルを起こさないためだ。基本的に自分のサイトに関しては、他サイトから飛んできたトラックバックは、関連する話題であるなら削除しない方針だ。

なぜ私は「関連仲間文化圏」なのか。その理由は、「「言及なしトラックバック」はなぜ問題になるのか」の、トラックバックは「アクセスを奪うもの」という意識の有無を読み解くと見えてきたように思う。

実は、対極に位置する「言及リンク文化圏」と「spam文化圏」だが、この二つはある一点でトラックバックの本質を同じようにとらえている。それは、トラックバックが「相手の記事からアクセスを奪ってくるもの」という事実だ。相手の記事に、自分のブログ(やサイト)へのリンクを自動的に掲載させる。それがトラックバックだ。だとすると、トラックバックによって生まれるアクセスは、「相手から自分」への一方通行なのである。アクセスを「奪う」と書いたのは、このためである。

<中略> 

それが気持ち悪いと感じるのが、「言及リンク文化圏」だ。アクセスをもらうだけもらっておいて、自分の方から相手に流さないのはアクセスのタダ取り、一方的で許されない行為だ、という考え方がある。したがって、「相手からアクセスをもらうなら、その前にこちらからアクセスを流す」という発想が根底にある。できるだけみんなが幸福になれる方法を考える、という言及リンク文化圏の発想は、リンクなしトラックバックを「アクセス乞食かspam」と切り捨てることになる。

この「絵文録ことのは」の記事は、ブログ管理者側の考え方はよくまとまっていると思うのだが、「ブログ閲覧者」の視点はまったく欠落してしまっているように思う。トラックバックは、何もブログ管理者「だけ」のためにあるシステムじゃないはずだ。

「相手サイトからトラックバックによって、アクセスを奪われる」=だから嫌、というのは、「ブログ管理人」側の意見であって、ブログを読む人、検索サイトなどでたまたま私のサイトを訪れてくれた人の考えではない、と私は思う。ブログ閲覧者にとっては、関連のある記事を探しているのに、いちいちGoogleにもう一度戻ったり、トラックバックセンターで再度検索するより、言及がなくてもトラックバックが貼られていて、どんどん「リンクをたどっていく」=昔で言う「ネットサーフィン」をしたい、というニーズもあるだろうと思う。

私としては、相手サイトからのトラックバックによって閲覧者が別サイトに飛んでいってくれることは、むしろ大歓迎でうれしいことだ。私のようなつまらないサイトにたどり着いてしまって、またGoogleやトラックバックセンターに戻って検索しなおしさせるより、私のサイトを経由して別のサイトにアクセスしてもらった方が、自分としてもうれしいし、ネットサーファーにとっても「波に乗っている」感じで心地いいと思うんだが。

この考え方の相違が、「言及リンク文化圏」と「関連仲間文化圏」を分けているのだと、私は思う。「言及リンク文化圏」の主張も全くわからなくはないんだが、「そんなに言及なしTBでアクセスを奪われるのは嫌ですか?」って気持ちの方が強い。というより、言及なしトラックバック先のリンクを是か非かは、ブログ管理者でなく、閲覧者が決めればいいとも思っている。閲覧者がOKって思ってれば、それでいいんじゃね?閲覧者がNGだったら、ブラウザの「戻る」リンクでもどってくるだけの話だし。

ただ現状では「言及ありのトラックバック」なのか「関連ありだが言及はないトラックバック」なのか、閲覧者はクリックしてリンク先を読まなければ区別つかないので、それがわかるようにあらかじめ分けて表示させた方が、よりベターなのかもしれないが(そういうプラグインを作るとか、トラックバックPING先をあらかじめ2つ用意しとくとか)。

あと、「絵文録ことのは」さんのように、記事の質が常に高く、言及ありリンクが常に多数あるようなサイトなら、多数の言及ありリンクの中に「言及なしリンク」が混じっているのは閲覧者にとっても不利益かなぁ、とも思うが。ま、結局結論は無難に「ケースバイケース、ブログ管理者の文化・気分次第」でってことになってしまった。



トラックバック

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 言及なしTBでアクセスを奪われるのは、そんなに嫌ですか?:

» [雑記]言及なしTBでアクセスを奪われるのは、全然嫌じゃないですよ、というか、奪われてるとは思っていません from ポリバケツブルー
トラックバックの話のつづきです。 この「絵文録ことのは」の記事は、ブログ管理者側の考え方はよくまとまっていると思うのだが、「ブログ閲覧者」の視点はまった... [詳しくはこちら]

» リンクなしトラックバックが「アクセスを奪う」という表現についての補記 from 絵文録ことのは
 前回のエントリー「トラックバックをめぐる4つの文化圏の文化衝突――「言及なしト... [詳しくはこちら]

» マタ〜リ徒然日記 【「言及リンクTB論争」と「関連仲間文化圏Yahooスタイル」】 from 『あぁマタ〜リ組』 おちょくり24時間♪
【マタ〜リ 徒然日記】 「言及リンクTB論争」と   「関連仲間文化圏       Yahooスタイル」 2006/02/06... [詳しくはこちら]

» SEOの歴史 from 集客情報商材ドットコム
SEOは、1990年代半ば、最初期の検索エンジンが初期のウェブを登録した時に始まった。多くのサイト所有者が、検索エンジンの登場によって自分のサイトへのアク... [詳しくはこちら]

» クレジットカードの様々な機能 from クレジットカードの申込で節約
クレジットカードの主な機能はもちろん決済です。しかし、クレジットカードには決済以外にも様々な機能がついています。 ○ 決済 クレジットカードで商品やサ... [詳しくはこちら]

» 【Wii】ニードフォースピード:カーボン from まずは小さな努力の積み重ねでガンバ!
Electronic Artsの大人気ハイスピードレーシング最新作 [詳しくはこちら]