« レイアウト配置用クリア IE6配置ずれバグ対策ほか | メイン | WinIE5x対策で「w\idth」 »

「言及リンク文化圏」タイプは検索サイトが好き、という仮説

リンクなしトラックバックが「アクセスを奪う」という表現についての補記 [絵文録ことのは]2006/01/08」とか読むと、何だか私が「言及リンク文化圏」について誤解しているように受け取られてしまったらしい。少なくとも私は、誤解はしてないと思うのですが。。。

「言及リンク文化圏」では、「一方通行ではなく、等価な相互通行」を作ることを求める。

・・・というようなことも、重々承知していたつもりなんですが。というわけで、「一方通行」って言い直しているなら、私の方も言い直しておこうかな、「言及なしTBでアクセスがこちらから相手への一方通行になるのは、そんなに嫌ですか?」って、長いwww。「奪う(奪われる)」のままの方が、意味が直感的にわかってよかったような。確かに文章をきちんと読まないと、「言及リンク文化圏の人が器の小さい人」のようなイメージになってしまう言葉ではありますが。

と、ここで終わってしまうと、なんか粘着っぽい記事なので、もう少し別の視点というか、仮説というか、雑感を。

一応、私の立ち位置を明記しておくと、私はブログ開設し「トラックバック」なるものを知った当初は「言及リンク文化圏」寄りだったが、最近は「関連仲間文化圏」寄りに移動しつつある、という民族。もしかしたら、珍種なのかもしれない。だから、私に「関連仲間文化圏」の意見を集約する資質があるとは思ってないが、しかしそれだけに、「絵文録ことのは」さんが解説する「言及リンク文化圏」も、逆に「関連仲間文化圏」の方も、痛いほどよくわかっているつもりなのですよ、はい。

で、こっから先は仮説なんだが。

「言及リンク文化圏」の人間は、おそらく検索エンジン(Google)とか、トラックバックセンター(仮称)とか、ソーシャルブックマークとか、RSSとかが「好きな」人間だろうと思う。「Googleで検索し、それっぽい記事をクリックし、目的のものと違ったらまたGoogleにもどり、再度違う言葉で検索してみる」「探したい事柄にあわせて、2ちゃんねる、ソーシャルブックマーク、ブログ検索などを使い分ける」「特に好きなサイトはRSSリーダーに登録し常に更新をチェック」などを日頃から行っているんじゃなかろうか。

そういうタイプの人間は、「関連仲間は(言及なしトラックバックじゃなく)、Googleとか、はてなとか、トラックバックセンター(仮称)でもう一回探しなおせよ」って思うんだろう。

対して「関連仲間文化圏」は、Googleとかブログ検索サイトとかRSSを「好き」ではない。もちろん、インターネット上のツールの一種として使うこともあろうが、そんなに使いこなしていないし、その気もあまりない。ローゼンメイデンをブログ上で言及する人は、好きなのはあくまで「ローゼンメイデン」であって、Googleでも、もちろん「はてな」でもない。

そういうタイプの人間は、Google等でいったんローゼンメイデンのブログにたどりついたら、後はGoogleにはもどらずにそのまま「ネットサーフィン」していたいんじゃなかろうか。Googleにもどって再度検索したって、自分が求めるサイトにたどりつけるとは限らない、それなら関連仲間リンクの波にのまれた方が、いいサイトに出会える確立が高いって考えてるんじゃ?

つまり大ざっぱにいうと、検索サイトやソーシャルブックマークやRSSが大好きで、それらを使いこなして「関連仲間サイトを探したいと思ったら、自力で探せる」と思っている人は、「言及リンク文化圏」になりがちなんじゃないだろうか。逆に「Googleで探しても自分の探しているサイトが出てくるとは限らないし・・・、はてな?RSS?何それ」ってタイプは、「関連仲間文化圏」に多いんじゃ?

もちろん、例外もいるでしょうが。っていうか、そもそもこの分類に私が当てはまらないような。何だかグタグタな記事になってしまった。グタグタついでに、もうひとつ 「絵文録ことのは」から引用。

リンクなしトラックバックを送るということは、相手のブログの読者にこちらの記事を「読ませる」ことができるのに、自分のブログの読者に相手の記事を「紹介」することができない。この不均衡が、典型的な言及リンク文化圏の人には、「相手からの一方通行の道筋だけをつけて、自分にだけ有利なことをしようとする利己的な行為」と思えてしまうのである。これは、管理人の立場云々というより、読者に対する管理人の責任を果たしていないという思いだ。

いやね、私も最初はそう思っていたんですよ。だから最初は「言及リンク文化圏」だったんですよ。だけどですね、途中から意見が変わりつつあるわけですよ。「そこまでして、閲覧者をコントロールしようとする必要はないんじゃないか」って。言及なしリンクがNGな閲覧者なら、クリックして言及なければ戻ってくるだろうし、言及なしでも関連ありならOKという閲覧者なら、そのままネットサーフィン続けるだろうって。閲覧者がOKかNGか決めれば、それでいいんじゃないかって。

そうすると確かに、「言及があることを期待してクリックした閲覧者は、言及がなかった場合に無駄足を踏ませる」ことにはなるでしょう。だけど、「関連仲間文化圏」のトラックバック削除してしまったら、言及なしリンクでもOKの閲覧者は、アクセスすることすらできなくなるわけで。またもう一度Googleにもどって再検索させるという無駄足を踏ませることになる、そっちの損失の方が大きいと思うようになったわけですよ。Googleが好きな「言及リンク文化圏」の人たちはそれが苦にならないんでしょうが。

もっともこの考え方を、今の「言及リンク文化圏」サイトに押しつけるつもりは毛頭ないわけですが。前にも書きましたが、常に質が高く言及リンクが多いサイト(たとえば「絵文録ことのは」)だと、多数の言及ありリンクの中に言及のないサイトが紛れ込んでいるのは閲覧者にとって不利益かなぁ、とも思いますし。

いや正直、私も「関連仲間文化圏」と「言及リンク文化圏」とで揺れているものの、そんなに何十もトラックバックくるわけでもないので、とりあえず明らかなエロスパム以外は歓迎(言及リンク文化圏的な文脈なら「放置」)って感じなわけですよ。そんな人、実は多いんじゃないかと思ってるんですが、どうでしょう?



トラックバック

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 「言及リンク文化圏」タイプは検索サイトが好き、という仮説:

» [日記]それ以外にも from そうだ、猫をかぶろう
http://blog.y-iweb.com/archives/000256.html 『「言及リンク文化圏」タイプは検索サイトが好き、という仮説』 これ... [詳しくはこちら]

» トラックバックの最適解は記事依存である from ratio - rational - irrational
nobuhiro-nさんや y-iwebさんとは事実認識に差異があるんだけれど、なんでだろうという考察。 そこから、私の想像する"関連仲間文化圏"が想定す... [詳しくはこちら]

» マタ〜リ徒然日記 【「言及リンクTB論争」と「関連仲間文化圏Yahooスタイル」】 from 『あぁマタ〜リ組』 おちょくり24時間♪
【マタ〜リ 徒然日記】 「言及リンクTB論争」と   「関連仲間文化圏       Yahooスタイル」 2006/02/06... [詳しくはこちら]

» MIXI(ミクシィ・ミクシー) from MIXI(ミクシィ・ミクシー)関連サイトリンク集
大人気のミクシィ関連サイトのリンク集です! [詳しくはこちら]

コメント

だから「言及なしTBでアクセスがこちらから相手への一方通行になるのは、そんなに嫌ですか?」「すっげー嫌!!!!で、それだけだとアサマシみたいに聞こえるから言い直すと、相手から自分への一方通行になるのも、すっげー嫌!!!!」ってところを強調してみたつもりだったんですけど(笑)

>で、それだけだとアサマシみたいに聞こえるから言い直すと、相手から自分への一方通行になるのも、すっげー嫌!!!!」ってところを強調してみたつもりだったんですけど

ああなるほど、そうですね。
いや、自分では「相手から自分への一方通行になるのも、すっげー嫌」って理屈も十分わかっていたつもりなんですが、そこも強調しとかないと、確かに他の文化圏の人間には「言及リンク文化圏ってアサマシ」って誤解されてしまうかもしれませんね。

ブログ探すのにGoogle使うなんて信じられない。ブログのエントリー探すならBulkfeeds、Ask.jp、テクノラティとかいろいろあるし。第一、Googleだと更新してからデータベースに登録されるまでに時間かかるし。

わざわざコメントありがとう御座いました。
あとMYブログ内での返事コメントがやたら長くってすみません。(苦笑)
本来なら記事に書いておくべき事柄だったのデスが、角が立つかな?と自制していたんデスよね。
まあコメント欄でぶちまけちゃいましたが。(再苦笑)
本当に相互理解ってゆ~のは難しいものなんデスねえ。
それでは。