« 「生産と消費のすれちがい」読了 | メイン | ライブドアが証券取引法違反容疑で捜索 »

輪舞曲(ロンド) − RONDO −を見た

輪舞曲(ロンド) − RONDO − を、全部じゃないが、だらだらと見た。映像も凝っているし、若手もベテランもくせ者がいっぱい出ていて、なかなか面白い感じ。ちょっとテーマが重いだけに、個人的には最後まで見るかどうかわからんが。。。

ドラマ好きな人は、はまるかもしれない。「病弱の妹」とか、「親を組織に殺された・・・」とかっていうやや古くさい設定も、ここまで丁寧に作ってくれれば安心して見てられる好材料のひとつだろうと思う。手堅い。

ちょっと前に「西遊記」もだらだらと見ていたが、こっちはうーんって感じだった。まちゃあきの西遊記をおぼろげながら知っているだけに、どうしても比較してしまう。セットとかは明らかに昔の方が「ちゃちい」んだが、やっぱり昔の方がいいと思ってしまった。なんだろう、役者の演技というか、「間」が、昔の方が良かったのかな。香取くんは、なんだか「勢いだけ」って感じで、どーも見ていて落ち着かない。香取くんだけのせいじゃないかもしんないが。

あと、個人的に変なCGはやめた方がいいかなぁ、と思うんだが。ちゃちくみえても、なるべくCG使わず実写でなんとかつないでいってくれた方が、個人的には安心して見てられるんだが。