« 本当のライブドアショックはこれからか | メイン | セシールでオヤジオシャレ化計画 »

ライブドアショックはまだまだ続く

こういう文書を見ると、ライブドアショックはやっぱり「ショックだなぁ」と思うわけだ。が、悲しむポイントを間違ってはいけないとも思う。

Yahoo!掲示板 - 4753(ライブドア)


650円台で現物参加し一時はかなり含益が増大した時期も有ったのですが、信用取引に手を出してしまったのが失敗でした。後の祭ですが グスン
750円越えたあたりから何処までも上がるような気がして余力が上がるたびに信用で買い増しを繰り返し一時デイトレーダー気取りで利益確定し現金を引き出して妻にプレゼントを買ってやったりもしました。すいません、ちょっと泣けて来ました。
でもそれから今日に至る迄はご察しの通りです。昨日の引けの時点で既に追い証発生でしたが、余りに損失が大きくどうにも出来ませんでした。

中略

もしこの事がばれたらうちの会社では間違いなく首です。社長が賭け事が一切嫌いですから。
もう逃げ回ってもどうにもならない事は分かっているのですが、入金する現金が無いのです。町金で借りろと思われるかもしれませんが、高値から下がって行く時に50万円借りてしまっているんです。銀行も家のローンや引き落とし等で新たに借り入れる枠など全くありません。

株は賭け事でもなければ、借金でもない。今回のライブドア株のような「想定外」の事態が、自分の保有株で起こったとしても、単純に株を売買していただけなら、数十万円あるいは数百万円の投資がが0になることになっても、「借金で首がまわらなくなる」ということはないはずだ。

今回のライブドア株も、おそらく数日はストップ安が続くだろうが、値がつかなくなるまで下がることもないだろうと思う。100万円の投資が20万円くらいになってしまうかもしれない、あるいは最悪0円に近づくことはあっても、0やマイナスの値が付くことはない。結局怖いのは、株というより、「信用取引(事実上の借金)」「(消費者金融からの50万円の)借金」なわけでして。

もうひとつ、株は「賭け事」ではないので、競馬のように1着の馬が1頭と決まっているわけでも、レースが2400mと決まっているわけでもない。なのだから、どれか1頭に「賭ける」のではなく、投資額が増えれば増えるほど多種の銘柄に投資し、リスクは分散した方がいいと思う。

って、私は分散投資するほど多額の株を買ってはいないわけだが。しかし、これから投資額を増やしていくのであれば、これらのことは自戒せねばならない、と思った次第。