« ドロップシッピングとか課金システム可能ブログとか | メイン | コメント欄炎上が日常化する時代 »

高原2ゴールも、DF陣の高さ不安

ドイツ代表との親善試合は2-2の痛み分け。

試合はダイジェストでしか見ていないが、攻撃陣は順調のよう。この時期の半本気モードのドイツに2点取れるのはたいしたもんだ。特に2点目の高原は、一度トラップの方向をややミスったにもかかわらず、強引に突破してシュート。ストライカーらしい、いい仕事だった。ただし、依然としてDF陣の高さ不足を露呈。

スポニチ Sponichi Annex 速報 またもハイボールから失点

W杯地元開催を控えた伝統国の威信にかけて、なりふり構わない反撃に出たドイツ。日本はこれをしのげず、2点のリードを守れなかった。

 不用意な反則でFKを与え、サイドからのハイボールを大型選手に合わされた。後半31分はクローゼの突進に宮本が振り切られた。同35分の失点は走り込んだシュバインシュタイガーに誰もマークにつかず、ヘディングシュートを許した。

 体格面で世界との差は簡単には埋められない。ジーコ監督は「相手は足元でかなわないとなれば、自分たちの強さを生かして放り込んでくるのは目に見えている」と、あらためて警戒を強めた。

そのDF陣の一角だった田中誠が、故障でチームを離れ、代わりに高さのある茂庭が選ばれたのは、なんかの運命だろうか。

追加招集の茂庭「必死にやりたい」

サッカーのワールドカップ(W杯)ドイツ大会に出場する日本代表で、左太腿痛で離脱したDF田中誠(30)=磐田=に代わり追加招集されたDF茂庭照幸(24)=FC東京=が31日、休養先のハワイから成田空港着の航空機で急きょ帰国した。降ってわいた出番に「驚いている。チャンスをもらったので必死にやりたい」と決意を語った。

ただしいうまでもなく、控えだろうが。
中沢はともかく、ハイボール時の宮本・坪井の迫力不足は否めない。MFまでみても高さで勝負できるのは福西くらいなので、セットプレイ時にクロアチアやオーストラリアに背の高い人間を4~5人殺到させられたら、危なっかしくて見てられない。ちょっとそこが心配だ。あと、宮本が万が一出場停止等になったら、誰がCBの真ん中をやるんだろうか。

なんだか、この「田中誠が怪我して、茂庭追加招集」っていうのが、日本代表のひとつの運命を握っている気がしてならないんだが。気のせいかな。


【PR】
即日サービスリンク集 キャッシング融資など



トラックバック

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 高原2ゴールも、DF陣の高さ不安:

» パチンコCRFスーパースタジアム from パチンコCRFスーパースタジアム
W杯開幕にあわせ、パチンコ界にもスーパースタジアムが登場しました。 [詳しくはこちら]