« アメリカ善戦、イタリア痛み分け1-1ドロー | メイン | ワールドカップ第3戦が10倍楽しくなるツール »

クロアチア-日本0-0ドロー、あとは奇跡待ち

フラストレーションが溜まってしまったので、言いたい放題書くことにする。

FWがシュートを打たないとか、シュートを打たないFWとか、枠に飛ばないシュートとか、シュートが枠に飛ばないとか、そんなことをいっても仕方ないと私は思う。元々、それが日本代表の現実なんだから。

しかし、たらればをいっては仕方がないが、やっぱりポイントはこのクロアチア戦より、最初のオーストラリア戦だったと思う。1-1に追いつかれてから無理に攻めず引き分けに持ち込んでおけば。そして1-2にされてから、ジーコがパニックになってDF外してFWを入れたりしていなければ(それによって結局1-3と、2点差で負けてしまった)。

クロアチアに引き分けでも、合計勝ち点2なら「ブラジルに勝ちさえすればいい、引き分けでもオーストラリア-クロアチアの結果次第でOKかも」という状況になったのだし、せめて得失点差が1点なら、「ブラジルに2点差勝ち以上が最低条件」なんていう無茶なハードルにはならなかったはずだ。

そういったオーストラリア戦の戦い方に対して、クロアチア戦のジーコは、終盤、FWをFWに代えただけで、戦術的な変更はなし。これも辻褄があってない気がする。前試合でDFに代えて大黒投入という勝負に出たくらいなら、この試合こそ勝負に出るべき状況だったはず。後半足が止まった中村に代えて巻を投入して、3トップにでもして欲しかった。もちろん、結果として守備のバランスが崩れて失点するかもしれんが、博打を打つならオーストラリア戦ロスタイムより、クロアチア戦の後半30分からだったはず。

あと、柳沢について。限りある交代枠を削って彼を代えたのも、私にはよくわからない。むしろ中村の方が完全に運動量が落ちていたように思う。決定的なシュートを外してしまったりしていたが、動きそのものは悪くなかったと思う。彼がゴールに向かってボールを蹴らないのは今にはじまったことではないんだし、そこを目をつぶってもメリットがあると判断して先発させているのだから、最後まで心中して欲しかった。途中で見切りつけるくらいなら、最初から別のFWにしとけよって思ってしまう。

・・・何にしても、ブラジル戦は力出し切って頑張って欲しい。最初からガンガン飛ばして欲しい。走れないテクニシャンより、ちょっとくらい下手でも走れる人間を出して欲しい。相手はブラジルとはいえ、もう決勝トーナメント行きを決めているので、レギュラーは出てこないだろう。少なくとも1枚イエローもらっている選手は出てこないはずだ。怪我もイヤだろうから、それほどガンガンプレッシャー掛けてくることはないはず。そのハンデを貰っても確かにブラジルは強いが、チャンスはある。

・・・勝っても得失点差等で涙を飲む可能性が高いが、とりあえずゴールを最低2点、できれば3点以上取ること目指して頑張って欲しい。そして、奇跡を待とう。