« ワールドカップ第3戦が10倍楽しくなるツール | メイン | さらばネドベド、イタリアに0-2でチェコ散る »

涼宮ハルヒの詰合の正確な歌詞が知りたい

( ´・ω・)ショボーン。この間の「ハレ晴レユカイ」に引き続き、またもやゲットできなかった「涼宮ハルヒの詰合」。「ハレ晴レユカイ」みたく「祭り」になっていなかったのですぐゲット出来ると思っていたが、甘かった、売り切れでした。そして前回同様、歌詞が知りたいと思って検索しても、アニソンだからか、検索できず。

仕方なく、ようつべから耳コピ。ZONE・・・じゃなかった、ENOZ

あなたがいて 私がいて他の人は消えてしまった
淡い夢の美しさを描きながら
傷痕なぞる・・・ だから・・・

私 ついていくよ どんな辛い 世界の闇の中でさえ 
きっとあなたは輝いて
超える未来の果て 弱さゆえに 魂 壊されぬように
My way 重なるよ今 二人に God Bless

これって、ハルヒの心境そのままを歌っていると考えていいんでしょうな。「あなたがいて 私がいて他の人は消えてしまった」なんて、思いっきり来週の「涼宮ハルヒの憂鬱V」のネタバレでしょうし。

ということは、実際のハルヒは、これまでのキョンによる一人語りによる「涼宮ハルヒ」像とは全く別の考えを持っている、と解釈もできる気がしますね。

これまでキョンから見て、あるいは第三者的に見れば、常に主導権を握っているのは「ハルヒ」であり、輝いているのはハルヒであるように描かれていましたが、この歌詞がハルヒ自身の心境であるなら、ちょっと見方が変わってきます。

「私 ついていくよ どんな辛い 世界の闇の中でさえ きっとあなたは輝いて」

この歌詞を聞く限り、ハルヒの側からすれば、むしろ主導権を握っているのはキョンということになります。輝いているのはキョンであり、それに「ついていく」とまでいってます。

・・・いずれにしても、「ハルヒが全然憂鬱じゃない、フツーのラブコメ話」がちらほらと出てきている以上、もうこのアニメも最終回が近いんですね。この「ライブアライブ」の回の最後の方。弁当を掻き込むように食べておきながら、「何だか無性に腹ごなしの散歩がしたくなった」とうそぶき、ハルヒを探すキョン。そして最後、「ハルヒがキョンを無理矢理引っ張っていく、という口実で、手をつないで歩いていく」シーンが、微笑ましくて仕方ありません。青春ですなぁ。