« 中田英寿現役引退を表明 | メイン | 「ポークジンジャー弁当いかがですか~」 »

涼宮ハルヒの憂鬱第14話終了

終わってしまいましたね、涼宮ハルヒの憂鬱。

いやあ、もともとのライトノベルが面白い上に、京都アニメーションの演出のおかげでもの凄く充実した作品でした。おそらく、一回見ただけではわからない細かいネタフリがいくつもあって、後から時系列順にストーリー並べて「ああ、そうか」って気づくことも多いんでしょう。DVDを売るためとはいえ、これほどまで丁寧に作られたアニメには、もう脱帽です。

以下、14話のネタバレ注意。

さて、私がこの14話で気に入ったシーンをピックアップしておきましょうか。

haruhi.jpg

どれも、ハルヒの後ろ姿です。特に最初の3つの場面では、視聴者からはもちろん、キョンからも、ハルヒの表情をうかがい知ることができません。しかし最後の右下、「ハルヒ・・・(ポニーテールが)似合ってるぞ」といっているシーンでは、視聴者からはハルヒの表情は見えませんが、キョンはその表情が認識できる場所にいます。

ハルヒが、キョンのその「似合ってるぞ」を聞いて、どういう表情をしたのかは、視聴者は最後までわかりません。自分で補完するしかありません。

もっと、野暮ったいことをあえていえば、その瞬間ハルヒがどんな表情をしたのかは、「キョンだけが知る権利がある」ってことでしょうか。「ハルヒにとって特別な存在である、キョンだけに見せる素顔」である、というわけですね。視聴者ですら、蚊帳の外なのです。そして、それでよいのだと、私は思います。



トラックバック

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 涼宮ハルヒの憂鬱第14話終了:

» (アニメ感想) 涼宮ハルヒの憂鬱 第14話 「涼宮ハルヒの憂鬱Ⅵ」 from ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
涼宮ハルヒの憂鬱 1 通常版 いよいよ、最終回の時を迎えました。前回のキョンの言葉では、今回とてつもない何かが起こるのだと言うことを示唆していた... [詳しくはこちら]