« ニンテンドーDS Liteを購入 | メイン | 加藤号泣Youtube動画削除後の顛末についての雑感 »

例のYoutube極楽とんぼ加藤号泣動画の雑感

加藤が、たとえ演技であったとしても、号泣するようなキャラだとは思わなかったので、ちょっと意外だった。また、山本圭一氏は未成年者との飲酒はともかく「淫らな行為」は「合意の上で」だといっているようで、だとすると被害を届け出た女性とは食い違っている今の段階で、いきなり専属契約解除(事実上の解雇)は早過ぎる、そして厳しすぎる処分だとは思う。未成年者っていっても女の17歳は、親の同意があれば結婚していいという年齢なんだし。

もちろん、暴行がほぼ確定している事実なら、当然の処置ではありますが。ただ、私的に興味を持ったのはそういった顛末ではなく、Youtubeのコメント欄だ。

YouTube - 極楽とんぼ加藤 犯罪者山本の不祥事を号泣で謝罪。

このビデオをはじめ、極楽とんぼ関連のビデオはYoutubeで、もの凄い勢いで閲覧され、閲覧数上位に多数ランクインしている。7月21日現在、today Most Viewed20のうち半数ほどが、日本人コメディアン解雇のニュースという異常事態。特に上記の加藤号泣動画は、アップされてから1日ちょっとで300万Viewを突破している模様。

そして、ここのコメント欄がまた興味深い。日本語しかしゃべれない日本人、英語も喋れる日本人、日本語を喋れる外国人、日本語が喋れない外国人の4タイプが入り乱れてコメントをしているようだ。

もちろん、日本人同士の2ちゃんねるですら会話が噛み合ってないスレが多々あるくらいだから、まして外国のサイトのコメント欄ではいわずもがな。自分がわからない言語の動画やコメントに露骨に不快感を示す外国人もいるし、わざと変なアルファベット英語を入れて、おちょくっている日本人もいるようだ。

決して平和的な会話が交わされているわけではない。日本人・外国人双方でコミュニケーションを拒否しようと宣言する類のコメントも多数ある。が、これからの時代、こういった経験を通じて、外国と日本での情報共有が今まで以上の情報量とスピードで進んでいくことになるんだろう。こういうことをきっかけに、多少でも日本で何が起こっているかを英語で伝えられる人が増え、また日本に興味を持ち、日本語を勉強する外国人が増えるかも知れないと思った。

何にしても、インターネットが普及して以降、特に3~4年ほど前から以降、社会が猛烈なスピードで変革しているような気がしてならない。そしてここ1年のブログ、ソーシャルブックマーク、mixi、そしてYoutubeの流れは、なんだかもの凄い変革が起きている気がする。

特にYoutubeの繁栄は、外国のサービスだけになおさら「世界が動いている」感がある。動画は文字だけのブログや掲示板などと違って、「言葉はわからんが、何か尋常でない感じで号泣してる」「見てるだけで凄いのがわかる」「ジダンの頭突きをパロっているのはわかる」って感じで、何となくは伝わるもの。

そうやって、インターネットを通じて世界はひとつに閉じられるんだろうか。それとも、情報は共有されても思想は共有されず、かえって棲み分けしていたのに喧嘩の種が増え、紛争がいっそう絶えなくなるんだろうか。



トラックバック

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 例のYoutube極楽とんぼ加藤号泣動画の雑感:

» 加藤号泣Youtube動画削除後の顛末についての雑感 from CSSを使いこなす
昨日の夜「例のYoutube極楽とんぼ加藤号泣動画の雑感」って書いたんだが、夜が明けた後には既に日テレからの要請で、Youtubeから動画(そしてコメント... [詳しくはこちら]

» [山本問題]加藤謝罪動画削除されてしまいました。でもまだ見れたりします・・・。 from ネット的記憶装置
下の記事どうり動画削除されてるのですが、まだ見れるものがあったりしますw。他にも、山本が怪しげな発言動画とか、関連ニュースチェックです。動画2点:記事4点... [詳しくはこちら]

コメント

>号泣するようなキャラだとは思わなかったので

どう見ても号泣するキャラだが?

ロシアに2ちゃんねるができてるのも面白いですよ
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0607/18/news103.html

>どう見ても号泣するキャラだが?

そうですか?なんとか涙をこらえるタイプかと思ってましたが。


>ロシアに2ちゃんねるができてるのも面白いですよ

それも見ましたよ。フランスでジャパンエキスポが開催されたり、アメリカで電車男が上映されたり、アニメなどのオタクカルチャーが世界に飛び火していますね。これも、インターネットのおかげであることは間違いないでしょう。

しかしアニメにしても電車男映画にしても、日本人が日本人自身を楽しませようとして作ったコンテンツが、世界で(一部とはいえ)評判になるっていうところが面白いですね。一方で、Utadaとか、海外仕様にあわせようとしたコンテンツはことごとく失敗しているような気が。


http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/20060710dde012070015000c.html
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/world/20060708/20060708_021.shtml

There are a lot of people here. I’ll join you guys. Believe it or not, many people fail in commenting stuff. I’m just trying to say a simple thing – before commenting something, think twice!