« 亀田興毅VSランダエタ戦は「八百長」ではない | メイン | 「ときかけ」こと「時をかける少女」を観てきた »

今からラピュタ借りてきます

ジブリとか宮崎作品っていえば、人によっていろいろでしょうが、私はやっぱりラピュタだなぁと改めて思った。そして、似てるとか似てないとかそんな次元ではなく、爆笑し、微笑ましくさえ思ってしまった。
YouTube - 天空の城ラピュタ

ラピュタがいいっていうか、時代が後になればなるほど、宮崎駿作品ってなんとなく説教くさすぎて苦手になっちゃうんだよな。映画のメッセージのひとつとして「自然を大切にしましょう」っていうのが入っていてもいいとは思うが、あまりにもそれが前に出てしまうと、正直見るのが途中で辛くなっちゃうんですよ。

あと、私が「天空の城ラピュタ」と「ルパン カリオストロの城」が好きなのは、実はよくよく見ると、宮崎氏の主張を代弁しているのは、主人公であるパズー・シータやルパンでないところ。ラピュタではムスカだし、カリオストロでは銭形だ。

普通、映画の主題や最も言いたい大事な主張は主人公にいわせて、脇役がストーリーテーラーに徹するのだろうが、ラピュタやカリオストロは逆。主人公がむしろストーリー進行役で、監督のもっとも言いたい事はムスカや銭形にいわせている。特にムスカには、直接的に「自然を大切にしましょう」といわせて観客を説得させるのではなく、悪役として反面教師的なセリフをいわせるというやり方をしているので、説教臭いのが苦手な私でも、笑いながら受け入れられる。

で、「あっはっは、見ろ、人がゴミのようだ!」といった本人が、最期にゴミと化して落ちて行くという演出は、もうなんとも脱帽。っていうか、見えないって、こんな大きさじゃwww

だけど、観客にすぐに気づかれるような大きさで描くわけにはいかないんですよね、なんせ「ゴミ」にしなきゃ意味がないんだから。って、こんな記事書いてたら、確認してみたくなっちゃった。今から借りに行こうかな。