« 「ときかけ」こと「時をかける少女」を観てきた | メイン | 40日ぶりの金正日国防委員長 »

クラウドソーシングって何?

アウトソーシングならぬ、クラウドソーシングって言葉が定義されはじめたらしい。なるほど、的を射た言葉だと思う。って知った風に言ってみたが、定義がわかったようなわからんような気も、ちょっとはするんですが。外部スタッフや代理店、中国やインドなどに「アウトソーシング」するのではなく、クラウド=群集への「アウトソーシング」って訳でいいんでしょうか。

【コラム】クリエイターのためのライフハック 第9回 みんなの力を借りて何か作ってみない? - Cambrian House (MYCOMジャーナル)

アウトソーシングの場合、社外ではあるもののプロと呼ばれる人たちを雇うというケースが多いですが、クラウドソーシングは低賃金もしくは無償でプロジェクトに参加してくれる人を集めます。しかもその多くはフルタイムではなく、余暇を利用して作業を行うという人たちが多いと言われています。今までプロと呼ばれている人たちが集まってプロジェクトが進行していたわけですが、クラウドソーシングは不特定多数の群集(Crowd)が自分たちができるパーツを持ち寄って組み立てていくわけです。

ちなみに、クラウドソーシングという言葉の生い立ちは、こういうことらしい。

My Life Between Silicon Valley and Japan - Crowdsourcing

「群衆の叡知」(Wisdom of Crowds)を利用し価値を創出する行為に、これまでは「これだ!」という名がついていなかった。

「ウェブ進化論」第五章「オープンソース現象とマス・コラボレーション」の中でも議論した「群衆の叡知」に関わる大きな流れを、企業や組織がこれからどう戦略的に活用していくかという話である。

ここに「Outsoucing」ならぬ「Crowdsourcing」という言葉を発明し、この言葉を広く一般に普及させるとともに、提唱者的ポジションを確保しようと企図するのが、Wired誌編集者のJeff Howeだ。

まだクラウドソーシングの正確な定義がよくわかっていないが、広い意味では「アウトソーシング先が中国ではなく群集になる」ことであり、狭い意味では「プロジェクトの企画や開発を群集から広く集めて共同作業させる」ことになるんだろうか。

広い意味での「クラウドソーシング」は、そういう言葉が無かっただけで、以前からあるのだろう。たとえば「アフィリエイト広告」なんてクラウドソーシングの一種じゃないだろうか。自社製品の販促活動を、チラシやWebサイトなどを制作会社や広告代理店などのプロに「アウトソーシング」して作ってもらって行うのではなく、アフィリエイト広告を通じてアマチュアブロガーに「クラウドソーシング」してブログ内で宣伝してもらうわけだし。

ただし、アフィリエイトはクラウドソーシングの初期段階であり、最終形態ではないのだろう。というのも、ブログを書いて情報発信し、さらにアマゾンなどのアフィリエイト広告を貼り付ける人間は、全体としてはまだ少数だ。それに、広告の貼り付けは個々のブロガーが勝手にやっているだけで、共同作業ではない。「群集(クラウド)による仕事」と呼ぶには心細い。

ひとつ今の段階で私が確かだと思うことは、自社開発よりアウトソーシング、アウトソーシングよりクラウドソーシングの方が、「自社の思うように管理・コントロールする」というのは難しいだろうということだ。結果として「自社内では思いもよらなかったプロジェクトが立ち上がって、大成功した」なんて場合もあるかもしれないが、逆に「アフィリエイトでこっちはカネ出してるのに、商品の悪口を書かれて紹介されている」「自社サイトよりも100倍使いやすいサービスのサイトが立ち上がって、自社の利益を脅かしかねない」なんて、アウトソーシングではあり得ない状況もおきるかもしれない。

「群集」は、下請けや代理店やアウトソーシング先と違って、コントロールが非常に難しい。また、コントロールすべきではないともいえる。失敗や批判・商品の悪口を「上から封じ込める」のではなく、群衆の輪の中に企業が入っていって、それらの意見を受け止め「群衆と一緒に」改善していくことができるかどうか、企業が群集に溶け込めるかどうかが、「クラウドソーシングの成功」の鍵になるのかなぁ。

うーむ、まだ「クラウドソーシング」の定義があいまいでよくわからん。ここでいったん筆を止めて、しばらく様子見。



トラックバック

この一覧は、次のエントリーを参照しています: クラウドソーシングって何?:

» 10/29販売停止!「素人サラリーマンが片手間コピペのみで月収520万円」が3000円引き!! from 情報商材・激安ディスカウントショップ
販売本数なんと!1600本突破!!素人サラリーマンが片手間コピペのみで月収520万円!!とにかく即効で稼ぐ方法 片手間コピペのみで、素人サラリーマンが月収... [詳しくはこちら]