« 「めぞん一刻」がドラマ化されるそうですが | メイン | ファイナルファンタジーIII(NDS版)プレイ中 »

ブックマーカーというより、ブロガーが衆愚化しているのでは?

地球は広くて大きくて、まだまだ未開の地はたくさんあると思っていたけど、科学技術が発達して鉄道や自動車や飛行機が普及してみると、「なんだ、世界って思ったより普通ジャン。つまんね」ってなるような感じかなぁ。

fladdict.net blog: はてぶがドンドン馬鹿になっていく

別にGigazineが悪いわけではまったくないけれど、Gigazineのエントリーが頻出するようになったあたりから、どんどんエントリーの質が下がってきている。もう最近あまりホッテントリも読まなくなった。

新しいこと画期的な概念、難解な議論は、とくに吟味もされずにスルーされて、まとめサイトや実務系tipsのような単なる再生産なのだけど実務での使用に耐える、そんなんばかりが増えていく。

結局ユーザー参加型コンテンツがたどり着くところはココなのか?

このエントリーからはじまったと思われる「ソーシャルブックマークの上位が、衆愚化している気がする」という議論は、「ソーシャルブックマークのシステムを改良すればいい」って風な議論に昇華しているように思うが、そうだろうか?確かに多少改良すればスパム的なブックマークによる影響は軽減するかもしれないが、根本的にはもう駄目だろうと思う。それを「衆愚化」と呼んで嘆いている人にとっては、の話だが。

はてなブックマークやRSSが普及しだしたころというのは、大航海時代みたく「世界にはまだまだ知られていない有益なブログがたくさんある」的な、夢と希望と男のロマン(苦笑)があったのではないだろうか?

で、いわゆる「アルファブロガー」が発掘されたりして、2004-2005年くらいまではそれなりの収穫があった。が、地球を一周してみれば、意外とインターネット界というのは狭くて、もう掘り尽くして新しい発見はなくなってしまった、って感じじゃなかろうか。

つまり、ブックマーカーの質が落ちたわけでも、はてブのシステムが悪いわけでもなく、強いて戦犯を挙げるなら「ブロガーの質が落ちた」ってことだと思う。

もう少し正確にいえば、ブロガー自体の記事内容は前とそんなに変わってないんだろうが、ブックマーカーや閲覧者の目が肥えてきたり数が増えたりしていて、その割には質的にも量的にも満足させるような新たなブロガーが発掘されていない。技術的な壁で見つけられないのではなく、もうそんなブロガーはいないんだろう。それどころか、「アルファブロガー」などといわれていた人まで、リアル社会の「こちら側」にシフトしたりして、更新が途絶えたりしてるように思うし。

これは私的な感覚なので、人におしつけるつもりはないんだが、「2002年に2ちゃんねるが終った」ように、「2005年にソーシャルブックマークは終った」んだろうと思う。そして2006年は、もちろんYoutubeの時代だ。



トラックバック

この一覧は、次のエントリーを参照しています: ブックマーカーというより、ブロガーが衆愚化しているのでは?:

» YouTube初心者講座 〜YouTubeの画面の見方を知りましょう!〜 from YouTube PV音楽情報(ボサノヴァ、MPB、ジャズ、クラシック専門館)
今回のYouTUBE初心者講座は、 『YouTubeの画面の見方を知りましょう!』 です。じっくりご覧くださいませ!! [詳しくはこちら]