« 「スゴイ地図」でついに本気を見せたリクルート | メイン | お父さんのための「無線LAN(Wi-Fi)」講座 »

「ホームページ」は衰退しているようだが

サンプル数がアレなのでどこまで信用していいか疑問がある「Alexa」だが、まあテレビの視聴率ぐらいの信用度はあるんだと思う。そのAlexaでみるトラフィック量だが、大手メジャーサイトが2006年第一四半期をピークに軒並み減少している。

Related Info for: yahoo.co.jp/
Related Info for: google.co.jp/
Related Info for: mixi.jp/
Related Info for: rakuten.co.jp/
Related Info for: livedoor.com/

面倒くさいのでこの辺で止めておくが、2ちゃんねるなども含めてほとんどのサイトが明らかな減少または微減。FC2やはてななど、ブログサービスをやっているところが少しマシなような気がするが、それでも横ばい状態で、「微増」「増えている」とは言い難い。今、掲示板・ブログ・ホームページは正に「踊り場」に来ているといえるだろう。

で、問題は踊り場からどうなるのかだ。すなわち、一休みした後、また昇っていくのか、それともこれから緩やかに衰退していくのだろうか。私の考えは、残念ではあるが、ブログまでを含めて「旧来のホームページ」は、2006年のライブドアショックが歴史的なピークで、これから緩やかに衰退していくのだろうと思う。

やや、話がそれるが。


昭和の時代というのは、何社と何社がライバルなのかというのは、ある程度わかりきった構図だった。冷蔵庫を作っているメーカーは、同じく冷蔵庫作っているメーカーがライバルなのだし、テレビしかり、車しかり。

が、社会が豊かになりつつも、各人が時間に追われる生活をするようになってくると、各メーカーや各サービスで「カネと時間」の取り合いになるので、「冷蔵庫のライバルは冷蔵庫」という単純な議論ではなくなる。そもそも、その人のライフスタイルによっては家に冷蔵庫が必要ない場合もある。家のすぐそばにある自販機やコンビニを冷蔵庫代わりにしたっていい。この場合、「冷蔵庫メーカーのライバルはコンビニ」なんて図式も成り立つ時代となる。


・・・そういうような時代なので、「ホームページが衰退しているとして、その時間とカネは今、どこに費やされているか」というのも、なかなか簡単にはわかりにくい。多少、推測するしかないのだが、いくつか仮説は立てられるだろう。それは、動画サービス「Youtube」が第一候補であり、次点に「ケータイブログ・ゲーム」と「ニンテンドーDS」を挙げようと思う。従来、だらだらとホームページを見て費やされていた時間が、「Youtube動画」や、ケータイブログ、ケータイやニンテンドーDSなどで空いた時間に手軽に出来るゲームに費やされているように思う。

旧来のホームページが衰退していくのであれば、必然的に、そこを仕事としている人や会社というのは別のサービスにシフトしたり、転職を考えたりしなければなるまい。といっても、現実的な選択肢は2つしかないように思うが。

ホームページ衰退の原因の、本命が動画サービス「Youtube」、対抗が「ケータイ」なら、必然的にそっちにシフトするのが自然だろう。つまり、ジョブチェンジのひとつの選択肢は動画方面であり、もうひとつはケータイ方面ということになる。

まぁ、ここからは余談というか根拠の乏しい推測にしかならんのだが、mixiは上場してたんまり資金があるので、おそらく動画方面に走るだろうと思う。動画方面は資金が豊富でないと扱えないので、中小の技術集団では追いつけないからだ。もっとはっきりいえば、「はてな」では無理だからだ。

さて、一方の「はてな」はどうするんだろうか。ちょっとはてなは、時代を見誤ったのかもしれない。上場しないでいるのは、資金よりも自由に開発できる環境を優先したんだろうが、時代が動画を求めているのだとしたら、動画を扱うには自由な開発環境より何よりカネが必要だ。一方ケータイ方面はというと、動画方面ほどカネは掛からないかもしれないが、そっちはPCインターネット界に比べて極めて制約の多い世界であり、オープンで自由な開発環境が生かせるフィールドかというと、ちょっと疑問だし。

って、ヒトの心配してる場合じゃないんだがな。まず、自分のポジションが一番やばい。どうにかせねばいかんね。



コメント

Never heard of it before, but after reading this can say with assurance, that it’s a point of great interest and fun for me

It’s hard to imagine, how people have guts to write comments like that. I would never write anything like this, because I would have thought what other would think of me after that. I know that it doesn’t matter who you are in Internet, you can act however you want, but anyway I would remember that a man should act nice and polite, no matter if he is online or offline