« QWERTYキーボード搭載「mylo」が2月発送 | メイン | 日本ハム日本一おめでとう、そしてお疲れ様、新庄 »

「若者のパソコン離れ」と「釈迦にキリスト教」と

CNETにブログなんか当然持っていないわけだが、手っ取り早く言えば、これからの時代は、

・朝起きて最初にすることは、携帯メールとBitPetsのチェック
・パソコンをつけない日はあっても、携帯メールとケータイ小説をチェックしない日はない
・YouTubeってなに?
・2ちゃんねるやmixiはパソコンでみるより、携帯で見る方が楽しい
・ケータイでブログや掲示板を見るようになってから、世間の流行に敏感になった
・電池さえ持てば、iPodよりケータイ電話の音楽プレイヤーの方がいい
・プレステは持っているけど最近はほとんど電源を入れない、今はもっぱらニンテンド―DSとWii
・パソコンはもう買い換えないで、携帯電話とニンテンド―DSで十分かなって思っている
・「デスクトップパソコン」ってなに?

みたいな人たちに楽しんでもらえるデバイスやサービスを作らなければだめだということ。

そんな危機感を、今までひたすら「大きくてきれいなパソコン」や、「オープンで自由で世界に広く共有されていく情報ネットワーク」で成功したいと思っている人たちに持ってもらうのは、「釈迦をキリスト教に改宗させる」ぐらい大変かも知れないと思いつつ、こんなエントリーを書いている私である。

参考文献
Life is beautiful: 「若者のテレビ離れ」と「釈迦にキリスト教」と