« 広がりすぎた社会のグレーゾーン化の象徴「2ちゃんねる」 | メイン | 奥さん、取材を受ける側には「番組期待権」ですよ(?) »

タチコマ殉職シーン

何回見ても、涙腺うるうるしてしまいますな。今更ながら、ネットが発達する以前からこのようなアニメが制作されていたことにも改めて驚きです。

ニコニコ動画(β) | さよならバトーさん (YouTube)

ロボットでしかないタチコマに愛着を覚え、泣いてしまう視聴者。タチコマも、泣いてさえいるようにも見えます。一方で、バトーは義眼のためか、涙を見せない、流せない。また、タチコマが破壊したのは、ロボットスーツを着込んでいますが紛れもなく「人間」です。敵側とはいえ人間が死んでしまっていることには、それほど悲しみを感じない。

図らずも昨年末の紅白歌合戦では、「裸に見える」ボディスーツが話題になっていましたが、そうやって整形やボディスーツや画像処理などで、どんどん人間が「自然」から乖離し、ロボット化していく一方で、同胞である人間よりも愛着をもってしまうほど進化するロボット。

そのうち、ロボットを助けるために事故死する人間とかもあらわれるんじゃないかと思ったりもする、今日この頃です。