« タチコマ殉職シーン | メイン | どのケーキを食べればいいのかわかりません>< »

奥さん、取材を受ける側には「番組期待権」ですよ(?)

あまりに更新が途絶えてもなんだからとは思うのだが、世間で今騒がれている不二家とかあるある捏造とかは、正直あんまり関心がないので、こっちでお茶を濁しておこうと思う。

asahi.com:NHKに賠償命じる 番組期待権訴訟で東京高裁 - 社会

南裁判長はまず、「取材者の言動などにより期待を抱くやむを得ない特段の理由がある場合、編集の自由は一定の制約を受け、取材対象者の番組内容に対する期待と信頼は法的保護に値する」と指摘。一審判決と同様の一般判断を示した。

「番組期待権」ってなんだかよくわからん権利であるが、高裁でこれが認められたそうだ。

この裁判の元は、表現の自由を守るためには人権なんてどうでもいい?でも書いた、例の「NHK従軍慰安婦特集番組改編問題」である。

で、判決要約や新聞記事から察するに、どうやらバウネットジャパン側は「表現の自由」ではなく、「番組期待権」なる概念を持ち出してきたようだ。「○○な番組になるって聞いたから取材受けたのに、番組見たらまったく逆じゃん、こうなると知ってたら取材なんて受けねーよ」っていう権利だろうか。長い。簡単に略したら「聞いてねぇよ(ダチョウ上島風)権」って感じか。

これは取材する側、つまりマスコミにとって非常に大きな制約を受ける権利だといっていいだろう。取材する側がされる側に対して、どういう風に記事や番組にされるのかという期待に応える義務がある、ということは、悪く言えば「取材される側の言いなりな記事・番組しか作れない」ということにもなりかねない。

ただし、現状のマスコミの状況を考えると、致し方あるまい。古くは「坂本弁護士一家殺害事件」におけるTBSビデオ問題、最近は元旦の毎日新聞連載「ネット君臨」におけるがんだるふ氏への取材姿勢(CNET Japan Blog - 佐々木俊尚 ジャーナリストの視点:毎日新聞連載「ネット君臨」で考える取材の可視化問題)など、マスコミ側が取材対象をないがしろにしている点が多々見られる現状、取材される側の権利が叫ばれるのも当然だという印象がある。

ちょっとこの件に関して、各マスコミがどういう論調なのか興味深い。