« 大乱闘スマッシュブラザーズXがアマゾンで | メイン | はてなが本社を京都に移転するらしい »

「陰日向に咲く」と「L change the world」を観てきた

どっちも、素材としては面白いはずなのに、総合評価としてはイマイチな出来だった。

映画「陰日向に咲く」公式サイト

『L change the WorLd』公式サイト

陰日向に咲く
原作は劇団ひとり。彼のマルチな才能が発揮された傑作小説、といったら褒めすぎか。「人が死ぬ」系とか、ごくせんや水戸黄門のような説教調ではない、人間味ある暖かさや涙を求めている人には、ぴったりのストーリー。

ただ、小説の「オムニバス形式」のいいところが、映画ではまったく反映されず、映画全体としての構成に失敗してしまった感があり残念。キャラクターに感情移入できず、「次はどうなるんだろう」という期待感もあまりなく、正直中だるみした。

あれだったら、売れないアイドル「みゃーこ」とオタク「ゆうすけ」の絡みは総じてカットして90分映画にまとめた方が、なんぼかマシだった気がする。岡田君をはじめ脇を固める俳優たちは芸達者で、演技は安心して観られたのは救いでしたが。


L change the WorLd
原作を完全に無視したスピンオフ映画。そのため、Lの設定が(漫画だとライトと並ぶ文武両道という設定だったはずが)なぜか「頭は鋭いが運動オンチで行動力がない」みたいなキャラになっている。

ま、私は原作原理主義でもないので、楽しめればそれはそれでいいのだが、気になったのは途中から出てくるFBI捜査官役の南原清隆ことナンちゃんの存在。途中まである程度シリアスに進んでいたハナシが、彼が出てきた途端にコントになってしまった。

いや、途中での中だるみを避けるための道化師役っていうのはわかるのだが、それにしてもひどい大根演技。正直、観てられない。他の高島弟や工藤夕貴らが上手なだけに、なおさら目立つ。道化師だから演技は度外視でいいってわけでもあるまい。せめてウッチャンの方がよかったのでは。

総合的には、それでも「陰日向に咲く」より『L change the WorLd』の方が上だったかな。ジャンルが違うので直接比較するのもなんですが。『L change the WorLd』の方が、見る人が楽しめるよう配慮されていたように思います。説教くさいメッセージ性も最低限に抑えられ、許容範囲内に抑えられていたのも、私的には好印象でした。