« 2004年11月 | メイン | 2005年1月 »

2004年12月30日

殺されたのは新聞社、殺したのも新聞社

奈良の少女誘拐殺人の犯人が逮捕されたが、捕まったのは新聞配達員だった。

今年2004年の「ショッキングな殺人事件」といえば、この奈良少女誘拐と、佐世保の小6女児同級生殺害だろう。そして後者の方は、被害者の親は新聞記者だった。つまり、殺されたのが新聞社なら、殺したのも新聞社だってことだ。被害に会われた人には不謹慎で申し訳ないが、なんか時代を示唆しているようで「興味深い」。

続きを読む "殺されたのは新聞社、殺したのも新聞社" »

年末年始、もうすぐ大晦日そして紅白、お正月

というわけで、備忘録かつ個人的に、2004年のわがサイトについて総括してみますか。

確かこのサイトをブログ化したのは今年の6月末だったか。ブログにする以前と以後でのアクセス数は、当初は微増程度だったが、11月に急に伸びて倍増して、12月もその勢いが続いている。

続きを読む "年末年始、もうすぐ大晦日そして紅白、お正月" »

2004年12月29日

現在のロリポおじさんの知能指数は 113 です

まちあわせまでの暇つぶし。現在のロリポおじさんの知能指数は 113 だそうだ。

あなたは何歳ですか?
ロリポおじさんは31歳だよ。フケ顔だよね。

その格好はサンタですか?

続きを読む "現在のロリポおじさんの知能指数は 113 です" »

2004年12月23日

ニートとは、ロンダルキアの洞窟をこえたことがない人たちである

先般、ニートって家事手伝いだろってブログったわけだが、ほぼ同意見をR30氏の過去のログで見つけた。

が、最近のR30氏のログを見ると、どうもそこから意見が変遷しているっぽい。俺も、もう少し本気でこの問題を考えたら、考えが変わるのかなぁ。

と、思ったので、軽くいくつかのニートブログを呂夢った上で、ちょっとばかし深くこの問題について考えてみた。

続きを読む "ニートとは、ロンダルキアの洞窟をこえたことがない人たちである" »

2004年12月22日

この後、衝撃のブログが!

正気ですかーッ 正気であればなんでもできる!!

かなりのカルチャーショックを受けた。ものすごいブログを発見してしまった。18際未満は行かないように。あと、職場でみるのはやめた方がいいぞ。

しかも、なんとこのタイミングでさらに衝撃の告白が!

春がキタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!!!!!!!!!

って、告白しちゃったんですか。

続きを読む "この後、衝撃のブログが!" »

2004年12月17日

羽生名人の高速道路とちから255

よく見ているお気に入りのブログとか、たまたま流れ着いたブログでも「ああ、これって俺と同じ世代だな、俺と似た考え方だな」ってサイトがあるわけだが、そんなサイトがそろって「ああ、ここもこの話題を取り上げてやがる」ってなことが最近ある。

どういう話題かっていうと、羽生名人の、現代=インターネット時代を高速道路にたとえた話題。

インターネットの普及がもたらした学習の高速道路と大渋滞

以下、少し長いが引用する。。。

続きを読む "羽生名人の高速道路とちから255" »

2004年12月14日

なぜわざわざカタカナ語にする?

ニートが働くと日本の社会は悪くなる--ひろゆき氏--

ニートが国を滅ぼす日本青年よ勤労意欲を持て!--糸山氏

なんか、話を難しくしすぎ。

ニートって要は「家事手伝い」だろ。
今の時代になって、急に増えたわけでもあるまい。昔からいる。

続きを読む "なぜわざわざカタカナ語にする?" »

2004年12月13日

ドラクエ8とブッシュアメリカ軍

前回の記事で、トロデが堀井雄二だなんて書いたら、ストーリーテラーの位置に我慢ならなくなったのか、「三角谷」にたどり着くと、なんと村の中を走りだしちゃいました(w

以下、多少ネタバレご容赦を。

三角谷は、魔物、エルフ、そして人間が仲良く暮らす場所なわけで、だから魔物の姿であるトロデも歩き回れるわけだが、秀逸なのはここの教会。神父の代わりに、なんとミニデーモンが。。。

続きを読む "ドラクエ8とブッシュアメリカ軍" »

2004年12月 9日

堀井雄二と宮崎駿

ドラクエ8をそこそこやって、そろそろ中盤から終盤ってとこ。

寝る間を惜しんでとか、休みの日ずっととか、さすがにそこまではのめりこんではないが、まあ適当に楽しんでます。

で、前々からもやもやと思ってたのが、堀井雄二の「ドラクエ」世界観と、宮崎アニメの世界観ってなんかが似てるな、ってこと。だけど、その「何」がわからなくて、今までもやもやしてたのだが、なんか今日、わかったような気がした。

それは、本当に言いたいこと、伝えたいこと、面白いと思ってることは、「主人公にはいわせない」ってところ。

続きを読む "堀井雄二と宮崎駿" »