« 2005年4月 | メイン | 2005年6月 »

2005年5月31日

最初から意味がある記事なんて書けないよ

考えがまとまらない、というか相反する2つの答えが頭の中を、さっきからぐるぐるしている。それは「コピーペースト記事でもいいじゃない」と「コピペな記事なんていらん、本音を書け」の2つの意見だ。後者のそれは「匿名だろうが実名だろうがどーでもいいから、本音が聞きたい」に近い。しかし、なんかそう単純でもない気がしてきた。と、考えがまとまらないうちに、こんなエントリーを発見。

情報をなぞるブログに意味があるか?

僕がもっとも「くだらねぇなぁ」と思うブログのタイプが、情報をそのままなぞるだけのブログなのです。
<中略>
要は何の自己主張も感じない、そのブログを他人が読む意味はなに? みたいなものですね。どこかのサイトの中身をそのまま横流ししてコピペ、あるいは言葉を置き換えただけのブログを熱心に読んでいる人は、情報の収拾能力に著しく欠ける人だと思いませんか。
<中略>
誰でも知っているような情報・あるいは誰でも簡単に知りえるような情報を、わざわざ劣化コピーで取り上げて人を集めようという魂胆が理解不能。

続きを読む "最初から意味がある記事なんて書けないよ" »

ギガンテス

タイトルとエントリー内容はあまり関係ない。今日はもうしんどいので、リンク集でお茶を濁す。

書籍の全文検索が行なえるサーチエンジン「Google Print」ひっそりと公開
本が消費に専念する時代へまた一歩近づいたか。

マイクロソフト、実売1,890円の光学式マウス
商品の低価格化自体は珍しいこともなんでもないが、マイクロソフト社がというとハナシは別。しかもMacもOKなら安いでしょ。どーする、サプライ関係の他社さんたち。

続きを読む "ギガンテス" »

メジャーだけに

メジャーも

お言葉ですが、メジャーはそんなに簡単じゃないです。

続きを読む "メジャーだけに" »

2005年5月30日

マイナーがいいなんてどんでもない

マイナーも

メジャーじゃないと

続きを読む "マイナーがいいなんてどんでもない" »

2005年5月29日

当サイトにおけるブラウザ別シェア

対象日2005年5月22日-5月28日
総ページビュー・・・24624(私自身のアクセスだと思われるものを除く)
集計方法・・・生ログをApacheLogViewerにて集計。

IE6・・・15819(64.2%)
Fireofox・・・3529(14.3%)
NN5・・・1157(4.7%)
Robot・・・656(2.7%)
IE5・・・529(2.1%)
NN4・・・381(1.5%)
IE5.5・・・343(1.4%)
Safali・・・342(1.4%)
NN7・・・315(1.3%)  ここまでが1%以上

参考:Opera6-8・・・179(0.7%)

続きを読む "当サイトにおけるブラウザ別シェア" »

2005年5月27日

マネキン新庄とリアル新庄

北海道系のラーメンって、オレ結構好きなんだよなぁ、このこってり濃厚な醤油スープってうまそうだなぁ。。。っておい、マネキンがラーメン食うわけねぇじゃねぇか、単に担当者がラーメン食いたかっただけだろwwww

熱あっつ!!(ちゃんとした下着を、はこう)

続きを読む "マネキン新庄とリアル新庄" »

2005年5月24日

最近の若者って、一昔前とちょっと違う

渋谷は最近行ってないが、最近の高校~20歳くらいの「若者」って、一昔前の若者と少し様子が違ってるなぁ、とはオレも思ってた。

若者の街を歩く

オイラの勝手な想像なんですが、 なんかこう、 いろんなことに疑問を抱きながら生きていたり、 寂しいからとにかく一人で渋谷に来ちゃったり、 退屈な生活から抜け出したかったり …ってかんじの子たち。 そんな若い女の子をたくさん見た。

続きを読む "最近の若者って、一昔前とちょっと違う" »

小粋空間さんのダジャレは、誰も・・・れない

房総半島

続きを読む "小粋空間さんのダジャレは、誰も・・・れない" »

2005年5月23日

NHKよ「空気嫁」w、プロジェクトX「事実と違う」高校が抗議

あれだ、多分みんな知っているか、知っていなくても「薄々感づいて」はいると思うが、テレビは「演出」という名のやらせメディアで、プロジェクトXという番組はその代表みたいなもんだw

プロジェクトX 「事実と違う」と高校が遺憾の意

放送後、同校にはOBらを中心に「そこまで荒れていた事実はない」との指摘が複数寄せられた。関係者によると、「かなりの数のOBが、『事実と違う』と問題視している」という。同校が初出場した当時の合唱コンクールの複数の関係者は「パトカーは来ていない」と話している。

 番組は淀川工業高校には音楽教室もピアノもなかったとも紹介した。79年当時、全国レベルの吹奏楽部があったが、番組はそのことには触れていなかった。

 同校は19日、NHKに対し、「『荒れに荒れた』などの事実はなく、退学者の数も80人になったことはない」などと遺憾の意を示したうえ、内容について質問状を出し、回答を待っている。

続きを読む "NHKよ「空気嫁」w、プロジェクトX「事実と違う」高校が抗議" »

2005年5月22日

匿名だろうが実名だろうがどーでもいいから、本音が聞きたい

匿名だろうが実名だろうが、コテハンだろうがニックネームだろうが、そんなのはゴーストに他との識別を可能にするために貼った「ラベル」であって、どーでもいい。知りたいのは「本音」だ、それがブログだろうがコメント欄だろうが2ちゃんねるであろうが。本当のところ、どう感じ、どう思うのか。発言者のゴーストは何とささやいているのか。

ブログは実名で書くべきか、匿名で書くべきか

実名でブログを書いている自分が言うのも変な話ですが、正直なところ実名でブログを書いたところで、匿名ブログとメリットはそれほど変わらないような気がしています。

実際、サラリーマンだったら、実名は隠しつつニックネームで、というのが相場だろう。変に実名晒すと「あの目立ちたがり屋が」ってことになりかねないし、どっちにしろ会社に見られて困ることは書かないとはいえ、実名にしてしまうと制約が大きくなって書きづらいことが増えてしまう。

続きを読む "匿名だろうが実名だろうがどーでもいいから、本音が聞きたい" »

SAMSUNG液晶モニターSyncmaster 173P 使用感追加

この一週間で「SAMSUNG液晶モニターSyncmaster 173P」の関連キーワードで検索される人が急に来るようになった。先先週まではそんな人いなかったから、やっぱり価格.comが一時閉鎖されたからなんだろうか。私も1万円以上の買い物をするときは、たいていあそこで評判を聞いてから買っていたからなぁ。

続きを読む "SAMSUNG液晶モニターSyncmaster 173P 使用感追加" »

2005年5月20日

そんなに「CD」「音楽データ」が偉いのか、著作権の過保護

郷に入れば郷に従え、ということわざがあるらしいが、インターネット社会ではどうなんでしょう。日本独自のルール作ったって、インターネットでいとも簡単に外国のデータが買えてしまう昨今では、あまり意味がないような気がするんですが。
それに、音楽が複製可能なデジタルデータであるから、デジタルデータを記録可能な全ての媒体に使用料を徴収するってのは、いくらなんでも無茶苦茶な。

「iPodからも金を取れ」――私的録音補償金で権利者団体が意見書
「iTMSも日本のルールで」――JASRAC、ネット配信に期待

続きを読む "そんなに「CD」「音楽データ」が偉いのか、著作権の過保護" »

2005年5月18日

2005年3月末のアクティブなブログ開設者は約95万人(推定)

総務省がホームページで、ブログサービスの現状分析・将来予測を推計した結果を公表している。

ブログ・SNS(ソーシャルネットワーキングサイト)の現状分析及び将来予測
総務省、2005年3月末のブログ利用者は約335万人、SNSは約111万人と分析(ニュースサイトの記事)

2005年3月末時点の国内ブログサービス利用者数は、同調査によれば延べ人数で約335万人。ただし、同研究会では複数のブログを掛け持つ利用者を考慮すると、純ブログ利用者数は約165万人であるとしている。また、少なくとも月に1度ブログを更新しているアクティブな利用者数は約95万人で、月に1回以上ブログを閲覧している利用者は約1,651万人だという。

 今後の予測値としては、2007年3月末のブログ利用者は延べ人数で約782万人、アクティブブログ利用者数は約296万人、ブログ閲覧者数は約3,455万人に達すると予測している。

続きを読む "2005年3月末のアクティブなブログ開設者は約95万人(推定)" »

2005年5月17日

本は、本来の役割に専念しはじめる

端的にいうと、「本」というメディアが、インターネットの登場により一世代過去のメディアになったということだろう。一世代過去のメディア=(紙媒体は)やがて消える、という意味ではないが、少なくともその役割は変わっていくのだと思う。

本とネット

僕は大の本好きなのであるが、最近つくづく思うのは「本は永遠である」なんて全くの嘘だな、ということ(自分で本を出してみる前はそんな幻想も抱いていた)。出版社の事情もあるだろうが、今の日本では、よほど売れる本以外、ほとんどの本が出版から3-5年で入手不可能になる。<中略>。本という一見保存性の高いもののほうこそが「コンテンツ消費のための刹那的利便性」ゆえに存在し、一瞬で消えていってしまう感じがするネットのほうこそが、保存・検索のためのメディアということなのかなぁ。

続きを読む "本は、本来の役割に専念しはじめる" »

2005年5月14日

情報を独占するのと、オープンにするのではどちらが得か

持っている情報、モノの製作方法、技術的なノウハウなどを、これまでどおり自社の財産として保有し隠すのか、インターネットを通じて公開=オープンにしてしまうのか。利潤をあげることを目的とした「会社」の場合は、悩むところなんだろう。私なんかは、もったいつけてないで全部公開しちゃえばいいのに、と思うんですが。

次の10年はどういう時代か(3)

だから情報がオープンになること、情報が誰にも共有されてしまうことを怖がる。むろん「情報の共有」によって全体としての生産性がおそろしく高まることに気づき始めている人は少なくない。でもそのメリットを打ち消すほど大きな不安が存在する。情報はオープンになった瞬間に価値を失うのではないのか? いや価値を失うどころか、とんでもない災厄がわが身に降りかかってくるのではないのか? そういう不安だ。だから「失うものの大きい」組織ほど「情報の隠蔽」に向かっていく。

特に私の会社のような広告制作会社=メーカーの類は、「ものづくり」に誇りを持っていたりするので、作ったものとか、作る過程でのノウハウとかをを「タダで公開」するのに抵抗がある人が(他のサービス業などより)多いのだと思う。

続きを読む "情報を独占するのと、オープンにするのではどちらが得か" »

2005年5月13日

Blogペット飼ってます

気づいていた人もいるかもしれませんが、Blogペット飼いはじめてます。

パンダで、名前は「よんだ?」。

続きを読む "Blogペット飼ってます" »

2005年5月12日

Movable Typeに超危険な脆弱性

※ブログと情報強度(その2)はこちらへ移動しました

すげー。なんだこの脆弱性w。こんな単純なことでシステムを乗っ取られるなんてことがあっていいのか。

【重要】 第三者による不正アクセスを許す危険性の対策について

自慢じゃないが、俺はハッキングとかそういう知識はまったくない。そんな俺でも、これはいくらなんでも「やばい」ってのはわかるぞ。

続きを読む "Movable Typeに超危険な脆弱性" »

2005年5月11日

想定外のツッコミで実名が判明して受け入れた

うーん、仕事も一息ついて、連休明けにひいたカゼもひどくならずに治ったのに、何だか無気力。何に対しても。これが5月病っていうんだろうか。忙しすぎた反動だろうか。何か、何もかも、もーどーでもいいって感じ。

っていうわけで、以下、最近気になったサイト・ニュースとそれに対するやる気ないコメントでお茶を濁す。

続きを読む "想定外のツッコミで実名が判明して受け入れた" »

2005年5月10日

あの貧乳&巨根コンビが帰ってくる【トリック】

いやあ、仲間由紀恵のスケジュール的に考えて、「ごくせん」終わった直後くらいに発表がないと、もう駄目だろうと予想してたわけだが、いい意味で予想通りだった。

トリック -髪ングスーン-
「トリック」ドラマスペシャル版&映画復活

詳しいスケジュールは未定だが、2005年中にテレビスペシャル放送、2006年に映画放送が決定らしい。スポーツ報知によると、劇場版は4月末からクランクイン、ドラマも5月16日から撮影が始まり、どちらも6月にクランクアップを目指す、との事。だらだら続けてもしょうがないので、多分この2シリーズで完全に終了だろう、きっと。監督はもちろん堤幸彦

続きを読む "あの貧乳&巨根コンビが帰ってくる【トリック】" »

2005年5月 7日

外部ネットワーク・デバイスを失った時、私は私でいられるか

以下、オチはない。テキトーに読み飛ばしてもらいたい。

インターネットや携帯電話によって、外部ネットワークと常時つながっていることが当たり前になると、もはやその外部ネットワークも、目や耳といった現実の器官に組み込まれたも同然になる。実際の目で見たものが「リアル」で、ネットや携帯電話での閲覧・会話が「バーチャル」という区別は、そこにはない。携帯電話でのメール交換を仮想現実だと認識している人はもういないだろう。そして、携帯電話でのやりとりが仮想現実から「現実」へと昇華したその瞬間、携帯電話は目や耳と同様に、「ケータイ」という新しい器官となり、人間の体に組み込まれる。

続きを読む "外部ネットワーク・デバイスを失った時、私は私でいられるか" »

産経新聞が少し反省しているようだ

お、マスコミの側から「正義の味方気取りの罵倒取材」に対する反省の弁を見たのははじめてだな。

「罵倒だけ…恥ずかしい」 「客観報道」へ自戒

ただ、会見の場で質問する記者の多くは社名を名乗ることもなく、時に怒声をあげてJR西側の回答をさえぎることも。このため、マスコミ側に寄せられた苦情には「罵倒(ばとう)だけの会見は恥ずかしい限り」「記者の会社名と名前を出すべきだ」といった意見も多かった。

 ジャーナリストの鳥越俊太郎さんは「感情的な言葉はあまりに聞き苦しい。自分もミスを犯すかもしれないということを忘れ、恫喝(どうかつ)的な姿勢になっている」。

 音好宏・上智大助教授(メディア論)も、説明責任を果たしていないJR西日本が社会的非難を受けるのは当然としたうえで、「歴史的事件の最前線にいる記者がつい冷静さを失うのは分かるが、記者の感情の高ぶりに任せた質問が逆に視聴者に違和感を覚えさせたのでは」と、記者側に自制を求める。

続きを読む "産経新聞が少し反省しているようだ" »

2005年5月 5日

JR福知山線事故、ぼんやりと雑感追加

さて、マスコミお得意の「あら探し」がはじまっている。正義の味方気取りでJR西の社長以下を取材とか記者会見と称して恫喝したり、遺族が怒ったり泣き叫んでいるところを執拗にカメラで撮ったり。なんだかなぁ。電車を運転していた運転士とか、ありもしない置石とかだけに責任を押し付けるのもどうかと思うが、同様に社長とか部長だけに責任を押し付けるのもどうかと思うわけだが。

続きを読む "JR福知山線事故、ぼんやりと雑感追加" »