« 2006年10月 | メイン | 2006年12月 »

2006年11月26日

ウイニングイレブンDS ワールドツアーで1試合ごとに金2枚

ウイニングイレブンDSを、ちょっと暇があるとちょこちよことやっているわけですが。

ウイニングイレブンDSには「ワールドツアー」っていうのがあって、過去のクラシックチームまで全制覇すると、金2枚がもらえるわけですが、私の場合、クリア後、もう一度ワールドツアーでどこと対戦しても、勝っても負けても、なぜか「金2枚」がもらえるんですな。

これってバグなんだろうなぁ、いくらなんでも「負けても金2枚ってのは、ゲームバランス悪すぎるしなぁ」って思ってたら、どうもこのバグ(裏技?)にはまる人とそうでない人がいるようでして。

続きを読む "ウイニングイレブンDS ワールドツアーで1試合ごとに金2枚" »

2006年11月12日

ペナルティエリア内の間接フリーキック

九州国際大付が初全国切符/高校サッカー - サッカーニュース : nikkansports.com

九州国際大付が、初の全国選手権出場を決めた。前半7分、左CKのこぼれ球を、FW永井謙佑(3年)が決め先制。東福岡にシュート15本の猛攻を浴びたが、虎の子の1点を守りきった。

続きを読む "ペナルティエリア内の間接フリーキック" »

ウイニングイレブンDS 約1週間プレイ

発売日初日の夜にウイニングイレブンDSを購入した。それほどやりこんだわけではないが、一応、レビューを。

まず、ハードがPS2ではなくDSなので、当然、「リアリティさ」は削がれている。ウイニングイレブンの代名詞でもあった「実況」もなくなっている。シュートが決まったときに「ゴール!」という音が流れるのみ。まあ、これはしょうがないだろう。

ただ、プレイ中音楽もなく実況もなく、ただゴール前で観客の「ワー」って雑音が聞こえるのみで、正直、ちょっと傍目でプレイしている人を見ると「暗い」感じがするだろうと思う。ちょっと、寂しすぎる。実況がないぶん、耳障りにならない程度の音楽くらい入れても良かったんじゃないかと思う。

続きを読む "ウイニングイレブンDS 約1週間プレイ" »

2006年11月 5日

DEATH NOTE -デスノート- 映画版後編を見た

DEATH NOTE -デスノート-実写映画版後編を見てきた。

初日ということもあって、最終回レイトショーながら満員。人気作品でもレイトショーはいつもすいているイメージがあったので、正直びっくり。数時間前にネットで予約していたので、いい席で見れましたが。観に行く予定の人は、しばらくは混んでるのを覚悟した方がいいかも。

で、肝心の内容ですが、原作が大好きな人もまあまあ満足できる出来なんじゃないでしょうか。原作と違う結末とはいえ、それは映画の時間枠の中にストーリーを入れ込むために「ライトvsL」の対決に的を絞った結果で、ストーリーの大枠やトリックは十分原作をリスペクトしたものだったと思います。

以下、多少ネタバレ注意。

続きを読む "DEATH NOTE -デスノート- 映画版後編を見た" »

2006年11月 1日

高校履修漏れ問題雑感

中学・高校までで広く一般的な知識を学び、大学でより専門的な内容を勉強する、というのが一応の流れだと思うんだが、それを根底から覆す「事件」で、結構根が深い問題だなぁという感想。

結果としてまったく勉強していない科目はというと、「地理」「世界史」が多い、というのを聞いて「ああ」と納得の面もある。若い人になればなるほど、「世界全体の中の日本」というような考え方をする人が少ない気がする。あるいは、若い人になればなるほど増える、ナショナリズム的な考え方の原点なんだろうか。

続きを読む "高校履修漏れ問題雑感" »