« 2006年12月 | メイン | 2007年2月 »

2007年1月29日

奥さん、取材を受ける側には「番組期待権」ですよ(?)

あまりに更新が途絶えてもなんだからとは思うのだが、世間で今騒がれている不二家とかあるある捏造とかは、正直あんまり関心がないので、こっちでお茶を濁しておこうと思う。

asahi.com:NHKに賠償命じる 番組期待権訴訟で東京高裁 - 社会

南裁判長はまず、「取材者の言動などにより期待を抱くやむを得ない特段の理由がある場合、編集の自由は一定の制約を受け、取材対象者の番組内容に対する期待と信頼は法的保護に値する」と指摘。一審判決と同様の一般判断を示した。

「番組期待権」ってなんだかよくわからん権利であるが、高裁でこれが認められたそうだ。

続きを読む "奥さん、取材を受ける側には「番組期待権」ですよ(?)" »

2007年1月26日

タチコマ殉職シーン

何回見ても、涙腺うるうるしてしまいますな。今更ながら、ネットが発達する以前からこのようなアニメが制作されていたことにも改めて驚きです。

ニコニコ動画(β) | さよならバトーさん (YouTube)

ロボットでしかないタチコマに愛着を覚え、泣いてしまう視聴者。タチコマも、泣いてさえいるようにも見えます。一方で、バトーは義眼のためか、涙を見せない、流せない。また、タチコマが破壊したのは、ロボットスーツを着込んでいますが紛れもなく「人間」です。敵側とはいえ人間が死んでしまっていることには、それほど悲しみを感じない。

続きを読む "タチコマ殉職シーン" »

2007年1月14日

広がりすぎた社会のグレーゾーン化の象徴「2ちゃんねる」

先週後半当たりから、なにやら2ちゃんねる周辺が騒がしい。一部マスコミで「2ch.net」のドメインまで差し押さえられる可能性が指摘されたからのようだ。

ZAKZAK「ユーザーショック…2ちゃんねる、再来週にも強制執行 」

ネット界激震!! 賠償命令を無視し続けてきた日本最大の掲示板「2ちゃんねる」(2Ch)の管理人、西村博之氏(30)の全財産が仮差し押さえされることが12日、分かった。債権者が東京地裁に申し立てたもので、対象となるのは西村氏の銀行口座、軽自動車、パソコン、さらにネット上の住所にあたる2Chのドメイン「2ch.net」にまで及ぶ見込み。執行されれば掲示板の機能が一時停止するのは必至だ。

whois検索してみればわかるし、既に何人かの弁護士センセイが指摘しているように、「2ch.net」ドメインはひろゆきの名義にはなっていない。なので、単純にドメイン差し押さえは難しいだろう。

が、この問題は「ドメインの差し押さえは名義が違うから無理ですね」で済むのかどうかは、情勢的に微妙だろうと思う。2年前ならこれは単なる噂に過ぎないと一蹴できただろうが、今現在は違う。昨年のライブドア強制捜査→ホリエモン逮捕以降、消費者金融の「グレーゾーン金利」撤廃議論や、路上駐車や飲酒運転の取り締まり強化や、Winny開発者への有罪判決などの社会の一連の流れは、2ちゃんねるに味方していない。

続きを読む "広がりすぎた社会のグレーゾーン化の象徴「2ちゃんねる」" »

2007年1月11日

米アップルがiPhone発表、電池はもつのか?

噂されていた、「iPhone」が、ようやく米アップルから発表された。ただし、通話方式の違いなどから、日本での発売はまったく未定のようだが。

Apple - iPhone

iPhone combines three products — a revolutionary mobile phone, a widescreen iPod with touch controls, and a breakthrough Internet communications device with desktop-class email, web browsing, maps, and searching — into one small and lightweight handheld device.

続きを読む "米アップルがiPhone発表、電池はもつのか?" »

2007年1月 6日

「ウェブ人間論」読了

「ウェブ人間論」をようやく読了。買ったはいいが、正直、おもしろみが少なくてなかなか読み進めなかった。正月休みでようやく読み終えた。

「ウェブ進化論」の梅田望夫氏と、芥川賞受賞者の平野啓一郎氏による対談集なのだが、とにかく私には読み難くてしょうがなかった。対談集というのは、普通、どちらかで互いの立ち位置をはっきりさせて、わかりやすくハナシが進んでいくものなのだが、この対談集はとにかくその「互いの立ち位置」がわかりにくい。なんでこの2人の対談なんだろうという興味でこの本を買ったわけだが、最後までよくわからないまま終わってしまった。

続きを読む "「ウェブ人間論」読了" »